施工事例

[ドローン点検始めました]なかなか見られない屋根の上

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。
今回は、住宅点検の様子をご案内します。

1月某日神奈川県にて、ドローンをつかったテスト点検を実施しました♪。

家族を守ってくれる大切な住まい。とくに屋根や外壁は常に雨風や寒暖差、紫外線など過酷な状況にさらされています。
屋根や高いところの外壁はふだん目に届かない場所。どんな状況になっているかは、なかなか見ることは出来ませんね
屋根材自体の寿命は20年を超えるものがほとんどですが、台風や突風、飛来落下物などの不測な事態による屋根材のヒビやはがれ、また日当たりや風通しの悪いところで発生するコケ・堆積物などを放置しておくと、徐々に屋根の中に浸食して、気づいた時には大掛かりな工事が必要になった、というケースもまれにあります。
お住まいの寿命を長くするためには、屋根の健康状態を把握しておくのはとても大切なことです。

ピーアイコーポレーションではこれまで、屋根や高所の外壁の状態を把握するためには、バルコニーからの撮影などで点検を行っておりました。バルコニーが建物全周にあるわけではないので、点検作業において作業員の危険も伴い、経験による高い技術が必要でした。撮影した画像の解析にも手間と時間がかかり、ご報告までにもお時間を頂いておりました。

大切なお住まいの健康状態をより正確に把握するため、このたびピーアイコーポレーションでは屋根外壁等の高所点検に、ドローン点検を導入する運びとなりました。
この日は快晴点検日和☀。ドローンの飛来時間は10分程度。10分でたくさんの写真撮影が出来ました。

こちらはドローンで撮影した実際の写真ですが、このように鮮明な写真撮影が可能となりました。
そして撮影した写真はその場でお客様と一緒に確認することが出来るようになりました。
部分的な写真を繋げ全体を把握していた今までとは違い、屋根全体の写真が撮影可能なため、屋根板金の全体像、雨樋の状態なども一目で把握出来、撮影後の診断の効率もアップしました。

ドローン点検の主なメリットは3つ。

点検時間の短縮⇒1回の点検は約15分~程度。従来は45分から1時間程度
事故の心配が少ない屋根に上らないため、屋根の破損や点検作業員の転落の心配がない
結果をその場で確認⇒ドローンから送られてくる高画質な画像がすぐその場で確認できる。

 

ドローンの飛行点検の動画はインスタにて(^^♪

インスタへ

[現場レポート]建築現場はここからスタート ― 地鎮祭 ―

みなさんこんにちは。

ピーアイコーポレーションのつくる住まいの現場レポートをお届けしていくこのコーナー。今回は1月某日行われた地鎮祭をレポートします♪

ふだんの生活の中では耳慣れない地鎮祭。

まず、地鎮祭とは、地鎮祭の流れは?・・・といことでウィキペディアをから引用させてもらいました。

ーー地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)とはーー

土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の守護神(鎮守神)を祀り、土地を利用させてもらうことの許しを得る。これには神式と仏式がある。一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。鎮地祭土祭り地祭り地祝いとも言う。

(所説あり)

ーー地鎮祭の流れーー

手水(てみず、ちょうず)

神事の会場に入る前に、手水桶から掬った水で両手を洗い心身を清める。

修祓(しゅばつ)

開式の後、祭典の本儀に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。

降神(こうしん)

祭壇に建てた神蘺に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。

献餞(けんせん)

神に祭壇のお供え物を食していただく儀式。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

その土地に建物を建てることを神に告げ、以降の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。

清祓・散供(きよはらい・さんく)

その土地に建物を建てることを神に告げ、米、塩、切麻をまく。

地鎮(じちん)

忌鎌(いみかま)を使った草刈初(くさかりそめ)、忌鍬(いみくわ)を使った穿初(うがちぞめ)、鎮物(しずめもの)の埋納等が行われる。(補足:忌鍬が鍬入れ、忌鋤が穿初め)

玉串拝礼(たまぐしはいれい)

神前に玉串を奉りて拝礼する。玉串とは、榊等に紙垂と木綿を付けたもの。

撤饌(てっせん)

お供え物を下げる。

昇神(しょうしん

神蘺に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。この後に閉会が行われる。

このように粛々と行われる地鎮祭。一般的に地鎮祭は、【 大安、先勝、友引 】などの吉日の午前中に行うのが良いとされています。

昔ながらのしきたりですが、必ず行わなければならない訳ではありません。

ピーアイコーポレーションでは設計打ち合わせの頃合いを見計らい、地鎮祭をとり行うか否か、ご意向の確認をします。地鎮祭を行う場合、とくにご指定の神社がなければこちらで神社をご紹介し、段取りさせて頂いています。

地鎮祭にまつわる祭壇等、お供え物はこちらで準備します。お施主様には初穂料(玉串料)のみご準備いただいています。

写真は順番に

①祭壇の様子(注連縄で囲われた神籬には神餞、初穂料、塩や米など四方祓い、鎮物、玉串、地鎮の儀の道具などが揃えられています)

③ご主人様が忌鍬をつかった鍬入れの儀の様子(砂山に鍬を入れエイ×3と声かけ)

②施工担当が鋤をつかった穿初めの儀の様子(砂山に鍬を入れエイ×3と声かけ)

④営業担当の玉串拝礼の様子(榊を祭壇に納める)

・・地鎮祭が行われた日は大安◎◎。

ピーアイでは工事担当、設計担当、営業担当がお立合いしました。

この日は雲ひとつない晴天。朝は冷え込み一際厳しい寒さのなかでのとり行いとなりました。この日の青空のように、工事もとどこおりなく順調にすすむこと、みんなでご祈祷しました😊。

[吹付断熱材・構造現場見学会開催]ご覧いただけるのはこの日だけ

「断熱見学会」お問い合わせフォームへ

本日は、来たる新年1月9日(日)開催、吹付断熱材の見学会のご案内です(^^♪

年の瀬も迫り、いよいよ本格的な冬がやってまいりました。
住まいづくりを検討中の皆さまには、ぜひ建物の断熱性能にはこだわって頂きたいところ。ピーアイコーポレーションでは高性能な吹付ウレタン断熱材を採用しています。

建物の形に合わせてウレタンを発泡させることで、ぴったりと隙間なく断熱材が密着☆☆。
発泡ウレタンは自己接着力があり、長期間はがれず高い気密性と断熱性をキープします。
そんな断熱材をたっぷり分厚く使用しているので、暑い夏も寒い冬もワンランク上の住み心地が得られます。

高断熱にすることで冷暖房の効率が良くなり光熱費の節約も期待できます。太陽光発電と蓄電池、高性能な設備機器を組み合わせれば、さらに光熱費削減につながります。

家計にも優しい高気密高断熱住宅。しかし正しい施工が行われないとその効果は充分に発揮されません。断熱材吹付直後のこの見学会なら、ピーアイコーポレーションの施工技術も合わせてご覧頂けます。

当日は発泡断熱材の実体験イベントも開催!!
ネットやカタログでは分からない、目で見て触れて感じて頂ける企画です。
ささやかながら暖かい飲み物とプレゼンとをご用意し、皆さまのお越しをお待ちしております💛💛
日時:2022年1月9日(日)10:00~16:00
場所:川崎市多摩区宿河原

見学会ご希望の方は下記フォームへ。
イベントの詳細をお伝え致します。

「断熱見学会」お問い合わせフォームへ

 

[構造現場見学会]12月某日行われた見学会の様子をレポート

ピーアイコーポレーションのつくる住まいの現場レポートをお届けしていくこのコーナー。

今回は12月某日行われた構造現場見学会の様子をレポートします♪

見学会当日は時折日差しは感じるものの風は冷たく、
ご参加いただいた皆さまお寒いなか本当にありがとうございました!
中にはインスタを見てご予約頂き見学会にご参加くださった方もいて、うれしい限りです😊

今回は新型コロナウィルス感染拡大防止のため完全予約制で、ご見学頂く人数も制限させて頂きました。人数を絞らせて頂いたぶんご参加いただいた方には、ひとつひとつご説明を交えじっくりとご覧頂くことが出来ました。

大工さんの晴れ舞台である棟上げ直後の見学会。私たちにとっても、ふだんなかなか見られないピーアイ自慢の構造を皆さんにお見せ出来た貴重な時間となりました。
ご参加くださった方には、実際工事を担当する監督や設計者にさまざまなご質問を頂き、皆さんの家づくりに対する熱い思いが伺え、私たちとしても背筋の伸びる思いでした。。。

今後もイベントの計画やお役立ち情報を発信していきたいと思います。
本日も最後までお付き合い頂き、有難うございました♪

 

 

[現場レポート開始]K様邸基礎工事中!

ピーアイコーポレーションのつくる住まいの現場レポートをお届けしていくこのコーナー。

今回は基礎工事中の現場からお届けします♪

2021年11月某日
基礎の鉄筋が組み終わり、基礎配筋検査を行いました。

配筋検査とは、建物の基礎工事において、鉄筋が正しく配筋されているかどうかを確認する検査のことです。
基礎の鉄筋の径、本数、ピッチが、図面通りに施工されているかを社内検査・社外検査ともに入念に検査していきます。

2021年11月某日
本日も晴天♪
天候にも恵まれ、無事コンクリートが打設されました。
定められた基準の日程もありますが、コンクリートの圧縮強度が設計基準強度に達したことが確認され、コンクリート型枠が外される日がやってきます。

 

 

施工事例ご紹介[ 2階ファミリーホールの明るい住まい ]

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

今回は、私たちが手掛けた住宅の中から
ケース・スタディをひとつご紹介したいと思います。

こちらのH様邸は、
家族団らんの出来るスペースとお子様の気配を感じられる空間づくりを、
というご要望を受けてプランした住まい。
1階にリビング、2階にファミリーホールを設け吹き抜けでつなぎ、
FIXとトップライトで採光の豊かな明るい空間を実現させました。
1階の床材は無垢フロアを使用することで温かみを、
さらにスケルトンの階段を採用したことで、より一層開放感を感じます。

また、敷地が高台で西側の眺望が良いため、西側にリビングと一体感のあるウッドデッキを設け、
1・2階の西側サッシを間口の大きいサイズとしたことも明るい空間づくりにつながっています。

暮らし始めたH様からは、
「2階のファミリーホールは子どもたちの格好の遊び場となっています」とのこと。
断熱・気密性が良く温かいという点でも、たいへん喜んでいただいています。

施工事例ご紹介[ 性能にこだわりぬいた家 ]

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

今回は、私たちが手掛けた住宅の中から
ケース・スタディをひとつご紹介したいと思います。

こちらのT様邸は、第一に性能にこだわってつくりあげた家
一見では違いが判りませんが、高い気密性能を実現させています。

まず、省エネ計算(外皮計算)を行いサッシ、断熱材の比較選択を。
さらに冬至、夏至の日照シュミレーションを行い、リビングの窓の検討を実施しました。
その結果を踏まえ、随所に様々な気配りをした設計・施工を行っています。

たとえば、ハイブリットサッシトリプルガラスの採用。
屋根断熱20mm増しの100mm吹付や床、壁、天井の気密シート貼りなど各所の断熱材の容量アップ。
気密コンセントに至るまで、気密施工を施しています。
完成前の気密測定でもC値=0.5を確認できました。

間取りに関しては、人通りが多い道路側にロジアを設けました。
ロジアとは「半屋外空間」のこと。
庭のスペースですが、外からの視線が気にならないように外壁材で箱型に囲んでいる空間です。
手入れがしやすいよう、土間コンクリート貼りにしました。

また、収納がたくさんほしいとのご要望に応え、
キャンプ用品を収納できるシューズクローゼットなども設置。
テレワークスペースも設けるなど、快適に暮らせる環境を実現しています。

ご要望のあった収納の多さも含め、お客様からご満足いただいたこちらの住まい。
冬場の暖かさ、遮音効果なども体感できるそうです。
合わせて省エネ効果も期待できる家になっていると思います。

施工事例ご紹介[断熱性にこだわった広々とした平屋の家]

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

今回は、私たちが手掛けた住宅の中から
ケース・スタディをひとつご紹介します。

こちらのE様邸は、断熱性能の高さを追求し、
かつ手入れを極力少なく済ませられるメンテナンス性の高さに力を注いだ平屋の住まい。
例えば、屋根の吹付断熱は当社基準を超える厚みで施工するなど
細かな部分にまで気を配った仕様と施工で、高い居住性を実現した住まいとなりました。

空間にゆとりを持たせたバリアフリー設計で、平屋でも狭さを感じさせないデザインに。
ウッドデッキと、建物の周囲を囲む木製手すりには南洋材のパーゴラを使用。
通常のブロックフェンスなどとは異なる雰囲気を演出してくれるだけでなく、
雨水を吸い込みにくい固い素材で、傷みにくく長持ちというメリットも持った素材です。

お客様とピーアイコーポレーションとで、
外装、内装の色合いや素材を徹底して相談し、アイデアを出しあってつくり上げた住まい。
居住性を含め、大変喜んでいただけました。

 

 

施工事例ご紹介[壁紙が個性を演出する住まい]

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

今回も前回に続き、私たちが手掛けた住宅の中から
ケース・スタディをひとつご紹介したいと思います。

こちらのN様邸、特徴のひとつはセンスが光るさまざまなアクセントクロスの使用
特に玄関ホールのグラビオエッジは、お住まいの個性を一段と際立たせています。
グラビオエッジとは、深彫り調のエンボス加工でエッジの効いた陰影と素材感のある意匠が魅力の装飾不燃壁材
壁面にアクセントを加えて、お部屋を個性的に演出するのに役立ちます。

アクセントクロスはさまざまな場所に使われていて、
リビング、トイレ、2階の居室とそれぞれがオリジナルの空間に仕上がっています。

 

また、今回施主様からご要望いただいたもう1つのポイントが
ご主人の勤務先であるメーカーの最新設備の採用。
システムキッチン、洗面台、ユニットバス、トイレ、ガス乾燥機など、
最新の設備で住まいを構成しています。

その他、収納の多さなど細かなところまで暮らしやすさをしっかり追求したこちらの住まい。
思っていた以上に低価格で完成し、
考えられた間取りで、心配していた日当たりも問題ないようプランしてくれたとご満足いただきました。

 

施工事例ご紹介[動線と収納を追求した住まい]

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

今回も、私たちが手掛けた住宅の中から
ケース・スタディをひとつご紹介したいと思います。

 

こちらのK様邸の特徴は、
何より家事を含めた日常の暮らしやすさを徹底して追求したプランになっていること。

 

まず、家事動線の良さがその1つ。
収納力のある作りつけの棚にペニンシュラ型のキッチンを中心に、洗面所、バスルーム、リビングをストレスなく周遊できるよう、考えられたレイアウトになっています。

そして2つ目が、収納力。パントリー、リネン、SIC、ホール収納庫、ダイニングカウンター下収納、1階洋室クローゼットと仏壇置き場・・・。さまざまな場所に十分な収納を確保し、生活空間に余計な物を置かず、すっきりと使えるようになっています。

広い洗面脱衣室には、収納とともにちょっとした家事もできるカウンターを設けるなど
細部にまで気を配ったプランで、
施主様にも大満足いただいた住まいになりました。