注文住宅について

[住まいづくりのマメ知識] 「住宅ローン控除」について知っておこう

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

マイホームは一生に一度と言っていいほどの大きな買い物。
購入される際には、多くの方が住宅ローンを利用されると思います。
そこで知っておきたいのが「住宅ローン控除」。
言葉は聞いたことがあると思いますが、実際どんな仕組みなのか。
今回はこの「住宅ローン控除」について説明させていただこうと思います。

住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度があります。
それが「住宅ローン減税制度」。かんたんにいうと、その年に納めた所得税・住民税のうち、所定の額が減税(控除)され戻ってくるというもの。毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます。また、所得税から控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。

「控除」というと、みなさんになじみがあるのは、配偶者控除や生命保険料控除ではないでしょうか。これらは、収入から控除される「所得控除」なので、課税対象となる所得が減少するというものです。よって、その所得控除の額に税率をかけた金額が減税になるという仕組みです。

一方、住宅ローン減税は、通常通り所得税を算出した後で、税額から直接差し引く「税額控除」という仕組みになっています。ですから、戻ってくる税額がわかりやすく金額も大きいため、手取り感・インパクト感があるのが特徴です。

会社勤めの方の場合、所得税や住民税は給与から「天引き」されています。
普段いくら税金を納めているかあまり意識していない方も、住宅を購入する際にはきちんと計算しておくことをおススメします。

[住まいづくりのマメ知識] 「住まい給付金」をご存知ですか?

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

マイホームを検討中の方にとって、
一番頭を悩ませるのはやはりお金のことだと思います。
住宅の購入はとても大きな買い物なので、
実は資金面を支援するさまざまな公的な制度もあります。

そんな中から、今回は「すまい給付金」についてご説明したいと思います。

すまい給付金とは、一定の収入以下の方を対象に、住宅購入の負担を軽減するための制度です。
2014年には5%から8%へ、2019年には8%から10%へと、ここ数年で2回も消費税増税がありましたよね。住宅の購入費用は大きな金額なので、この数%の税率の違いが大きな負担増となってしまいます。
すまい給付金は、そんな消費税率引き上げによる住宅購入時の負担を軽減するための制度です。年収が一定以下の人が要件に合う住宅を購入・入居した際に、最大で50万円の現金を受け取ることができます。

この給付金は、2014年4月から2021年12月までに住宅の引き渡し、入居が完了した方が申請できます。入居から1年間申請可能です。

住宅購入費の負担軽減制度といえば「住宅ローン減税」が思い浮かびますが、住宅ローン減税は所得税の控除となるため、所得(所得税)の多い方が高い恩恵を受ける制度でした。
それに対してすまい給付金は 一定収入以下の方が対象となる制度のため、多くの人が広く恩恵を受けることができます。
もちろん、すまい給付金制度と住宅ローン減税を併用して受けることもできます。

すまい給付金を申請するには、対象者や住宅の条件に当てはまらなくてはいけません。
主な条件は次の通りです。

自分名義の住宅を購入し、実際に居住する
収入が一定以下である(消費税10%の住宅の場合は収入775万円以下が目安)
住宅ローンを利用して購入する
2014年4月から2021年12月までに住宅の引き渡し、入居が完了している
購入する住宅の床面積が50㎡以上である
第三者の検査を受け、品質が担保されていることを証明できる

これら全ての条件を満たす場合に住まい給付金の申請が可能ですので、
忘れずに申請するようにしましょう。

[住まいづくりの基礎知識] 耐震性能編

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

家を建てる際、「どれだけ地震に強いか」はとても気になるポイントですよね。
住まいの購入を考えていると、「耐震」とか「免震」「制震」という言葉は良く耳にされるかと思います。
この言葉、それぞれどのような意味なのでしょうか?

 

ざっくりとこの3つの違いをご説明すると、
まず「耐震」は、家を堅く強く造って、地震の震動に対抗すること。建物の強度についての基準です。
次に「免震」は、建物と地面の間に鉄球や積層ゴム製の免震装置を設置して、建物を地面から絶縁することで振動を伝えないようにすること。
そして「制震」は、建物内部に制震ダンパーを設置して、地震のエネルギーを吸収し振動を抑えること、をそれぞれ意味しています。

 

そしてこの中で、建築基準法で義務付けられているのが「耐震」
つまり建物を新築する際には、一定の耐震性能を「必ず確保」しなくてはなりません。
「耐震等級1」は「数百年に1度発生する地震に対して倒壊・崩壊しない強度」で、すべての新築住宅が耐震等級1以上の性能を確保することが義務付けられているのです。

それに対して「免震」や「制震」には法的な強制力がありません。
ですから、「耐震性能を確保」したうえで検討するということになります。

 

ピーアイコーポレーションでは、「耐震」と「制震」のための3つの工法を採用し、皆さまの住宅や土地に合った性能をご提供しています。

>木造軸組パネル工法(耐震)
>ピン工法(耐震)
>制震ダンパー(制震)

そして、ピーアイコーポレーションではすべての住宅において構造計算を実施。耐震等級の最高ランクである「耐震等級3」=建築基準法の1.5倍の強度の耐震設計を行っています。

住宅はアート作品ではなく、命を守る大切な箱。
私たちはそのことを肝に銘じて、「カッコ良くて丈夫」な住まいをご提案しています。

 

ピーアイコーポレーションの「地震に強い家」の詳細は下記にてご確認ください♪
https://pi-co.jp/custom/

 

[住まいづくりの基礎知識] 住まいの工法編

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

マイホームを検討中の方の参考になるように、
住まいづくりの基本的な知識をもっていただけるよう情報をお届けしているこのコーナー。
今回は住宅の「工法」についてお話したいと思います。

 

技術的な話は難しいと思われるとは思いますが、
工法は住まいの性能と密接に関わってきますので、基本的なことだけでも押さえておきましょう。

みなさんがよく耳にするのは「木造軸組工法」と「2×4工法」でしょうか。
この2つの違いについて説明すると、

まず「木造軸組工法」は、日本古来の工法です。
柱や梁で縦・横を支え、斜めの軸で横からの力に抵抗します。
それに対して「2×4工法」は、2×4インチの部材と合板で床・壁・天井の面をつくり、それらを六面体に組み合わせて躯体を支えます。

それぞれのメリットですが、「木造軸組工法」は自由度が高く、増改築も比較的安易ですが、工期が若干長くなることがあります。
「2×4工法」は耐震性、気密・断熱性、耐火性に優れ、工期も比較的短くできますが、
構造上間取りにある程度の制約が生じ、大規模なリフォームは難しくなります。

この他にも住宅の工法には、「プレハブ工法」「RC造り」などがあります。

 

さて、ピーアイコーポレーションの建てる家はどんな工法か。
ポイントは、優れた構造強度と高い耐久性を実現する木造用耐力壁」です。

 

木造住宅は柱が太いからといって耐震性が高いわけではありません。
木造住宅は真上からの重さには柱で支えることができますが、横からの力=水平荷重には弱く、その荷重の代表的なものが地震の横揺れや台風などの強い横風。
これらに抵抗するために設置するのが「耐力壁」です。
「木造軸組工法」をベースに、この「木造用耐力壁」を加えた構造によって
あらゆる方向に力が分散し一部に負担がかかりにくく、
大量の釘が抵抗するため、大きな力がかかっても粘り強いという特長があります。

また、耐力壁で住まいを囲うことによって、すき間が少なく、外気を遮断できる。
気密性能という点からも、高性能な住まいが実現します。

この工法によってピーアイコーポレーションは、
長年安心して住める「安心できる家」で「設計自由度も高い家」を実現しています。

 

 

「住まいづくり」のポイント〈資金計画編〉

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

 

前回このコーナーで、住まいづくりの費用についてお話させていただきました。
その費用、ほとんどの方はローンを組まれると思います。
何十年にもわたって支払いが続きますから、しっかりとした資金計画を立てることが大切
ピーアイコーポレーションは、お客様の幸せな将来のために
資金計画についてもしっかりお手伝いさせていただいています。

 

資金計画の最大のポイントは
自己資金、年収、将来必要になるお金なども考え、無理のない最適なローンを探すこと。
その第一歩として、まずは収支について、なるべく正確な数字を把握することが重要です。

 

1)収入と自己資金
住宅ローンにおいて無理のない借入額は、年収の5~6倍と言われています。そこで資金計画を立てる際は、早い段階から正確な数字を把握して取り組むことが大切です。その基本となるのが年収と自己資金(預貯金や親御さまからの援助など)。住宅の購入を考え始めたら、まず手持ちのお金の整理・把握をするとよいでしょう。

 

2)将来必要になるお金
資金計画を立てる時に忘れてはならないのが、将来必要になる予定の支出です。お子さまの成長につれて塾や進学費用がかかったり、親御さまの高齢化に伴い介護費用が発生したりもします。
でも、漠然と「将来お金がかかるから」と不安がらずに、公立なら年間いくら、私立ならいくらというように具体的に試算し、必要になりそうな時期や金額を把握して、資金計画を立てれば安心です。

 

3)見落としがちな費用
住宅の購入には、販売価格以外にも発生する様々な費用があることは前回ご説明させていただきました。
例えばローンを組めば、ローン手数料、保証料、印紙代などがかかります。当然引っ越し費用もかかりますし、家具なども新居に合わせて必要になるものがあるでしょう。登記料、不動産取得税は購入した年に、固定資産税・都市計画税は毎年かかってきます。

 

以上挙げたような費用をすべて、きちんと書き出して明確にする。
曖昧にしない、何となくで済まさない。
そこをしっかりやっておくことが、肝心な時に困らない、安心できる住まいづくりへとつながっていきます。
私たちは、住まいづくりのパートナーとして
お客様と一緒に将来までのライフプランを組み立てていきますので、
わからないこと、困ったことなど何でもお気軽にご相談ください!

 

「住まいづくり」のポイント〈家づくりにかかる費用編〉

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

 

憧れのマイホームづくりには、資金計画や土地探し、建物のプランづくり、契約や各種手続き、実際の工事など、さまざまなステップがあります。
その中でも、お金に関する部分は何より気になるところではないでしょうか?
今回はこの「家づくりにかかる費用」について触れてみたいと思います。

 

理想のマイホームも、予算と折り合いがつかなければ実現できません。
まずは、家づくりにかかる費用をきちんと把握して、無理のない資金計画を立てましょう。

 

家づくりにかかる費用は、「総建築費」と「その他の費用」に大別できます。
総建築費というのは、建築会社に支払う費用のことで、建物を建てるためにかかる費用(本体工事費)と、それに付帯する費用が含まれます。
その他の費用としては、引っ越し・仮住まい費用、エアコンや照明、家具代などがあります。

 

まず、総建築費の内訳は・・・。

建築本体工事費
建物の躯体を建築するのにかかる費用です。(一般的に坪単価といわれているものは、この費用を建物の坪数で割った価格になります)
基礎・土台・柱・梁・屋根・外壁・サッシ・建具・キッチンや浴室などの設備機器、電気工事、その他足場や工事の安全に関わる仮設費用などが含まれます。

 

付帯設備工事費
建築躯体工事以外の費用のうち、建物外のライフラインに関する工事のことです。 水道引き込み工事、給排水設備工事、ガス配管工事などになります。

 

その他工事費
建築躯体工事以外の費用のうち、敷地条件などで大きく費用が変わる項目です。外構工事・解体工事・地盤改良工事などがあります。

 

諸費用
敷地の測量調査費用・建築確認申請費用・設計費・工事監理費・契約時印紙代・登記費用・固定資産税・火災保険などがあります。

 

その他の費用
直接の工事費用ではないので、忘れがちになりやすい部分です。引っ越し代、仮住まいの家賃、駐車場代などがあります。
また、エアコン、カーテン、家具代なども別途かかりますし、古い家具や電気製品の引き取りにも料金が発生します。

 

まずご自身の用意できる資金を把握し、建築会社に予算を正確に伝えましょう。
大切なことは、坪単価」に惑わされず、内訳をしっかり確認すること。
ピーアイコーポレーションでは、家づくりに関わる費用について、納得のいくまでご説明しお手伝いします。

 

 

暮らしやすさのポイントはキッチンにあり!

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

前回このコーナーで、住まいのプランニングについてお話いたしました。
その住まいの中でもキッチンは、日々の暮らし方に大きく影響する空間。
食を通じて人と人が繋がる重要な場所ですから、「収納をふやしたい」、「静音型にしたい」、「対面式にしたい」など、様々な要望をもたれる方が多いのではないでしょうか。

最近は様々なキッチンが登場していますが、生活スタイルに合わせて検討するためにも、
まずは基本的なキッチンのタイプについて知っておきましょう

 

 

まず大きく、「対面式かそうでないか」で2つに分かれます。

対面式でないスタイルの場合、キッチンが壁に面して並んでいるタイプか、壁で仕切られた独立型かがあります。
キッチンだけで独立したスペースになっている「独立型キッチン」は、仕切られた別の空間なので調理の煙やニオイがリビングに来ないことがメリット。お客様が来ても片づけなどに気を遣わなくていいのもプライベートスペースならでは。お料理に専念したいという本格派におすすめのスタイルです。

対面式の場合は、さらに「オープン」か「セミオープン」かに分かれます
「オープンキッチン」は、キッチンが壁で仕切られているのではなく、ダイニングやリビングとつながっている形式。空間が広く感じられ、開放的な印象を与えるメリットがあります。
「セミオープンキッチン」は、クローズとオープンの中間の形式。吊戸棚などで少し目隠しされているタイプです。

 

 

さて、オープンキッチンの中でも最近人気のスタイル「アイランドキッチン」と「ペニンシュラキッチン」についてもご紹介したいと思います。

アイランドキッチン
キッチンの端がどれも壁に接していない、完全に独立したキッチン「アイランドキッチン」に憧れる方も多いのではないでしょうか。
キッチンの周りを取り囲んで料理や食事ができるので、ホームパーティをする人や家族で料理をする人にもオススメ。回遊性の高いアイランドキッチンは両側に空間が必要なため、ある程度の広さがないと、リビングなど他の空間が狭くなってしまうので要注意です。

ペニンシュラキッチン
アイランドが「島」なら、ペニンシュラは「半島」です。キッチンの左右どちらかが壁に面した対面キッチンを「ペニンシュラキッチン」と呼びます。リビングを見渡しながらお料理できるので、子育て中のママに人気のスタイル。アイランドキッチンよりも場所を取らず、お手入れもしやすくて実用的です。
ペニンシュラでも、工夫次第でアイランドキッチンのような開放感と回遊性が得られます。

様々なスタイルがあるキッチンですが、一概に「これがいい!」というものではありません。
対面式か否かをとっても、それぞれメリット・デメリットがありますから、どんな暮らし方がしたいかが何よりも大切です。
またピーアイコーポレーションでは、それぞれの「いいとこ取り」や「2つのスタイルの中間」など、工夫を凝らして住まう方にぴったりのキッチンをご提案しています。

「住まいづくり」のポイント〈プランニング編〉

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

前回こちらのコーナーで、土地探しプランニングは同時進行で、というお話をさせていただきました。
では、プランニングについてはどのように進めていけば良いのでしょうか?

プランニングはまず、ご家族全員で理想の生活スタイル、マイホーム像について話し合いながら、「こんな家に住みたい」「こんな暮らしがしたい」というように、自分たちのライフタイルに合った住まいのイメージをご家族で共有することが重要です。

住まいの広さや間取りを考える上で大切なのが、ご家族の生活スタイル。
まず、現在の生活スタイルとその改善点を考え、さらに10年後、20年後という長期的な視野で考える。
お子さまの成長や家族構成の変化など、将来像も想定してみてください。

現在> 一番長く過ごす部屋はどこか、来客はあるか、ペットはいるか、家族の趣味は? 不都合に感じていることは?
将来> お子さまの成長・独立、ご夫婦それぞれの個室、二世帯住宅、バリアフリーの必要性など。

とにかく思いついたことはすべて書き出しておくとよいでしょう。
専用のノートをつくることをおすすめします。

そうして書き出した項目に、こだわりの優先順位を整理して、住まいづくりで何を優先するのかをピックアップ、リスト化します。
お子さまがいらっしゃるのなら、成長に応じてフレキシブルに変更できる間取り構成、ご高齢のご家族がいらっしゃるのであれば、安全を考慮した設備、お客さまを招く機会の多いご家庭なら、広いリビングや開放的なキッチンというように、日々の生活スタイルや将来の変化も見据えながら、優先項目を書き出します。
このリスト化の作業自体が、いわば住まいづくりのプランニングにつながるのです。

>必要な部屋数、部屋の大きさ、収納量
>家事動線、明るさ、風通し
>色づかいやデザイン
>絶対に必要な設備機器
>あったらよいなと思う設備機器
>建物に対するこだわり。耐震性能、断熱性能、省エネ、施工力、アフターメンテナンス
>カーポート、駐輪スペース

そうはいっても、最初は自分の好みなども明確でなく、どうプランニングしていったらいいかわからない方も多いでしょう。

そんな時、まずはご友人や知り合いの方の住まいを見学させてもらったり、気になるモデルハウスなどを見てまわり、理想の住まいをイメージするのもいいと思います。
数多くの住宅を見ることで、自分自身の住まいに対する具体的な好みやこだわり、優先順位が整理できます。いろいろな家を見るのは、けっこう楽しいものです。

そうして描いたたくさんの思いを、「できないかもしれない…」という点があったとしても諦めてしまうのではなく、まずはご要望をすべて、私たちにぶつけてみてください。

お客さまからお聞きしたご要望をもとに、プロがその思いを実現する具体的なプランとして作成
複数のラフプランを社内で検証しながら、家具などの配置も含めて設計図面に落とし込み、お客さまのご要望を満たした最適のプランにまとめます。
さらにお客さまにわかりやすい図面を作成してご提案いたします。

多くの方にとって、おそらく一生に一度の住まいづくり。
後悔のないよう、どんなご要望でも私たちにご相談いただければと思います!

 

仕事(ON)も遊び(OFF)も充実させる「4つのリビング」

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。
前回ご紹介した、私たちがご提案するこれからの時代の注文住宅「ON+OFF」。
今回は、そのプランのひとつをご紹介したいと思います。

☆ ★ ☆ ★ ☆

家の間取りは、もっと自由であっていい。
それが、このプランのベースにある思いです。

メインリビング土間ウッドデッキ広めのバルコニーの4つは
時にはOFFの寛ぎ空間になり、時にはONの仕事や勉強に使える空間になります。
自由度のある空間をつくることで、あなたらしい暮らしが生まれます。

 

お父さんは土間でデスクワーク、お母さんはキッチンで料理、子どもはリビングで勉強・・・。
それぞれが同じ空間を共有しながら、自由に過ごせる心地よさのある1階スペース。

 

リモート会議も多い家での仕事。
家族の話し声なども気にならない、使い勝手抜群の小部屋には作りつけのカウンターを。
小さいながらも自分だけの時間を満喫できる、今の時代だからこそ欲しいスペースです。

ONも、OFFも大切にしたいこれからの住まい。
ピーアイコーポレーションは、そんなお客さまの思いに応える
住まいづくりを行ってまいります。

 

仕事(ON)と遊び(OFF)が両立できる家「ON+OFF」シリーズ

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。
今回は、私たちがお届けする「これからの時代の注文住宅」をご紹介します。

☆ ★ ☆ ★ ☆

昨年以来続くコロナウィルスの影響。
生活様式の変化が生まれ、住まいに求められる機能も大きく変化しています。
在宅勤務が広まり、「おうち時間」が増加。家族と過ごす時間が増えたうれしさの一方で、
仕事とプライベートを分ける難しさを感じている方も多いのではないでしょうか。

そんな新しい時代の注文住宅として、
ピーアイコーポレーションがお届けするのが「ON+OFF」。
くつろげる家の特徴である、デッキや土間、テラスといった「OFF」に加え、在宅作業などで必要な書斎や作業部屋、キッチン、家事室といった「ON」を強化し、楽しいだけでなく、集中する時間をもてる暮らしのあり方をコンセプトにした注文住宅です。

これからの家は、一個人として集中できるスペースが大切
それは仕事だけでなく、家事や勉強も同じこと。
ピーアイコーポレーションの注文住宅は、
家族構成やご要望に合わせて無駄なくスペースを活用した「ON-TIME」を叶えます。

そして「OFF-TIME」。
庭でのキャンプや広めのバルコニーでの天体観測、リビングやベッドルームでのリラックスタイム。
そんな「おうち時間」の充実する住まい。
自分の趣味を大切にしたり、細かいところまで好みのテイストにこだわれるのも注文住宅の魅力です。

ONも、OFFも大切にしたいこれからの住まい。
ピーアイコーポレーションは、そんなお客さまの思いに応える
住まいづくりを行ってまいります。