ブログ

[現場レポート]建築現場はここからスタート ― 地鎮祭 ―

みなさんこんにちは。

ピーアイコーポレーションのつくる住まいの現場レポートをお届けしていくこのコーナー。今回は1月某日行われた地鎮祭をレポートします♪

ふだんの生活の中では耳慣れない地鎮祭。

まず、地鎮祭とは、地鎮祭の流れは?・・・といことでウィキペディアをから引用させてもらいました。

ーー地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)とはーー

土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の守護神(鎮守神)を祀り、土地を利用させてもらうことの許しを得る。これには神式と仏式がある。一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。鎮地祭土祭り地祭り地祝いとも言う。

(所説あり)

ーー地鎮祭の流れーー

手水(てみず、ちょうず)

神事の会場に入る前に、手水桶から掬った水で両手を洗い心身を清める。

修祓(しゅばつ)

開式の後、祭典の本儀に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。

降神(こうしん)

祭壇に建てた神蘺に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。

献餞(けんせん)

神に祭壇のお供え物を食していただく儀式。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

その土地に建物を建てることを神に告げ、以降の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。

清祓・散供(きよはらい・さんく)

その土地に建物を建てることを神に告げ、米、塩、切麻をまく。

地鎮(じちん)

忌鎌(いみかま)を使った草刈初(くさかりそめ)、忌鍬(いみくわ)を使った穿初(うがちぞめ)、鎮物(しずめもの)の埋納等が行われる。(補足:忌鍬が鍬入れ、忌鋤が穿初め)

玉串拝礼(たまぐしはいれい)

神前に玉串を奉りて拝礼する。玉串とは、榊等に紙垂と木綿を付けたもの。

撤饌(てっせん)

お供え物を下げる。

昇神(しょうしん

神蘺に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。この後に閉会が行われる。

このように粛々と行われる地鎮祭。一般的に地鎮祭は、【 大安、先勝、友引 】などの吉日の午前中に行うのが良いとされています。

昔ながらのしきたりですが、必ず行わなければならない訳ではありません。

ピーアイコーポレーションでは設計打ち合わせの頃合いを見計らい、地鎮祭をとり行うか否か、ご意向の確認をします。地鎮祭を行う場合、とくにご指定の神社がなければこちらで神社をご紹介し、段取りさせて頂いています。

地鎮祭にまつわる祭壇等、お供え物はこちらで準備します。お施主様には初穂料(玉串料)のみご準備いただいています。

写真は順番に

①祭壇の様子(注連縄で囲われた神籬には神餞、初穂料、塩や米など四方祓い、鎮物、玉串、地鎮の儀の道具などが揃えられています)

③ご主人様が忌鍬をつかった鍬入れの儀の様子(砂山に鍬を入れエイ×3と声かけ)

②施工担当が鋤をつかった穿初めの儀の様子(砂山に鍬を入れエイ×3と声かけ)

④営業担当の玉串拝礼の様子(榊を祭壇に納める)

・・地鎮祭が行われた日は大安◎◎。

ピーアイでは工事担当、設計担当、営業担当がお立合いしました。

この日は雲ひとつない晴天。朝は冷え込み一際厳しい寒さのなかでのとり行いとなりました。この日の青空のように、工事もとどこおりなく順調にすすむこと、みんなでご祈祷しました😊。

[吹付断熱材・構造現場見学会開催]ご覧いただけるのはこの日だけ

「断熱見学会」お問い合わせフォームへ

本日は、来たる新年1月9日(日)開催、吹付断熱材の見学会のご案内です(^^♪

年の瀬も迫り、いよいよ本格的な冬がやってまいりました。
住まいづくりを検討中の皆さまには、ぜひ建物の断熱性能にはこだわって頂きたいところ。ピーアイコーポレーションでは高性能な吹付ウレタン断熱材を採用しています。

建物の形に合わせてウレタンを発泡させることで、ぴったりと隙間なく断熱材が密着☆☆。
発泡ウレタンは自己接着力があり、長期間はがれず高い気密性と断熱性をキープします。
そんな断熱材をたっぷり分厚く使用しているので、暑い夏も寒い冬もワンランク上の住み心地が得られます。

高断熱にすることで冷暖房の効率が良くなり光熱費の節約も期待できます。太陽光発電と蓄電池、高性能な設備機器を組み合わせれば、さらに光熱費削減につながります。

家計にも優しい高気密高断熱住宅。しかし正しい施工が行われないとその効果は充分に発揮されません。断熱材吹付直後のこの見学会なら、ピーアイコーポレーションの施工技術も合わせてご覧頂けます。

当日は発泡断熱材の実体験イベントも開催!!
ネットやカタログでは分からない、目で見て触れて感じて頂ける企画です。
ささやかながら暖かい飲み物とプレゼンとをご用意し、皆さまのお越しをお待ちしております💛💛
日時:2022年1月9日(日)10:00~16:00
場所:川崎市多摩区宿河原

見学会ご希望の方は下記フォームへ。
イベントの詳細をお伝え致します。

「断熱見学会」お問い合わせフォームへ

 

[構造現場見学会]12月某日行われた見学会の様子をレポート

ピーアイコーポレーションのつくる住まいの現場レポートをお届けしていくこのコーナー。

今回は12月某日行われた構造現場見学会の様子をレポートします♪

見学会当日は時折日差しは感じるものの風は冷たく、
ご参加いただいた皆さまお寒いなか本当にありがとうございました!
中にはインスタを見てご予約頂き見学会にご参加くださった方もいて、うれしい限りです😊

今回は新型コロナウィルス感染拡大防止のため完全予約制で、ご見学頂く人数も制限させて頂きました。人数を絞らせて頂いたぶんご参加いただいた方には、ひとつひとつご説明を交えじっくりとご覧頂くことが出来ました。

大工さんの晴れ舞台である棟上げ直後の見学会。私たちにとっても、ふだんなかなか見られないピーアイ自慢の構造を皆さんにお見せ出来た貴重な時間となりました。
ご参加くださった方には、実際工事を担当する監督や設計者にさまざまなご質問を頂き、皆さんの家づくりに対する熱い思いが伺え、私たちとしても背筋の伸びる思いでした。。。

今後もイベントの計画やお役立ち情報を発信していきたいと思います。
本日も最後までお付き合い頂き、有難うございました♪

 

 

[現場レポート開始]K様邸基礎工事中!

ピーアイコーポレーションのつくる住まいの現場レポートをお届けしていくこのコーナー。

今回は基礎工事中の現場からお届けします♪

2021年11月某日
基礎の鉄筋が組み終わり、基礎配筋検査を行いました。

配筋検査とは、建物の基礎工事において、鉄筋が正しく配筋されているかどうかを確認する検査のことです。
基礎の鉄筋の径、本数、ピッチが、図面通りに施工されているかを社内検査・社外検査ともに入念に検査していきます。

2021年11月某日
本日も晴天♪
天候にも恵まれ、無事コンクリートが打設されました。
定められた基準の日程もありますが、コンクリートの圧縮強度が設計基準強度に達したことが確認され、コンクリート型枠が外される日がやってきます。

 

 

ウッドデッキ、バルコニーで開放的な住まいを

家を建てる際、「なるべく広々とした住まいに」という方が多いのではないでしょう。
しかし、お金をかければどれだけでも大きくできるのかというと、建てる場所によって一定の制限があります。それが「建ぺい率(建蔽率)」、「容積率」という数字です。

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合を表すもの。2階建ての一般的な形状の家であれば、1階と2階のうちどちらか大きなほうの面積。
例えば建ぺい率が60%と指定された地域にある100㎡の敷地には、60㎡までの建物が建築できます。

次に出てくるのが「容積率」。これは敷地面積に対する延床面積の割合です。
例えば、敷地が100㎡で容積率80%なら、1階40㎡、2階40㎡の合計80㎡までの建物が建てられます。

さてここで、広々した家にしたいけれど、
費用や土地の制限から「延床面積」を増やせないという場合に役立つ情報を紹介します。

ひとつは「バルコニー」や「ウッドデッキ」です。これらは外壁からの出幅が2m以下の部分は延床面積に含まれません。また、庇などの壁で囲まれていない外側の空間も2m以下であれば含まれず、2mを超えた部分が延床面積に入ります。2mというと、例えばテーブルセットを置けるなどかなりの奥行きがあるので、有効に利用したいですね。
リビングに隣接させれば、リビングからの抜けがよくなり視覚効果も大きくなりますし、開口部を全開口サッシなどにして一体感を高めれば、セカンドリビングのように使うこともできます。
先日こちらのコーナーでご紹介したプランも、
そんなセカンドリビング的な空間づくりを行なった例です。

そのほかにも、代表的なところでは「ロフト」も延床面積に含まれない空間です。天井高が1.4m以下、すぐ下の階の2分の1以下の面積で、はしごが固定されていない場合は延床面積に含まれません。収納として使ったり、子ども部屋の上方に設けてプレイスペースとしたり、書斎代わりに使ったりなど多用途に使えます。

また、建物内に駐車スペースを設けるビルトインガレージは、全延床面積の5分の1以内であれば延床面積から除外される緩和措置があり、超過した場合にその面積を算定します。

制限がある中でも、様々な工夫でより広く、開放的な住まいをつくる。
数多くのノウハウを持つピーアイコーポレーションのスタッフと一緒に、そんな住まいをつくっていきましょう。

下記では、ピーアイコーポレーションの様々な施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/

 

 

かっこいいだけじゃない「シーリングファン」

前回、リビングイン階段のお話をさせていただきました。
吹き抜けとの組み合わせなどで、開放的な空間が生まれる素敵なアイテムでしたね。

今回は、そんな吹き抜け空間などでよくみられるようになった「シーリングファン」のお話。
天井でくるくる回っているおしゃれなプロペラをご覧になられたこともあるかと思います。

このシーリングファン、おしゃれなインテリアとしてのイメージが強いですが、
実は家の空気の流れを変えてくれる機能性の高いアイテムです。

シーリングファンが特に効果を発揮するのは、吹き抜けのあるような天井の高い家です。
天井までの高さがある場合、エアコンをつけるだけでは、どうしても暖かい空気は上へと溜まってしまいます。シーリングファンをつけると、部屋の上と下の空気をかき混ぜて部屋の温度を均一にしてくれます。その結果、空気の層が分かれることなく部屋全体を均等に温度調整することができ冷暖房効率も向上電気代節約にも繋がります。。

また、シーリングファンの下で洗濯物を干すと、普通の部屋干しに比べて乾くのが早いという効果もあります。生乾きの臭いもつかない場合が多いようです。特に梅雨の時期は、外で洗濯物を干すことができず困ることが多いもの。そんな時にもシーリングファンは大活躍してくれます。

もちろん、おしゃれなインテリアアイテムとしても魅力。
シーリングファンと言えば、カフェやホテル、リゾートなどを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?シーリングファンには、形や色、大きさ、照明付きなど色々な種類があります。インテリア性の高さから、空気をかき混ぜるという本来の目的とは別にシーリングファンを取り入れる方も増えています。

デザイン的な魅力と合わせ、様々なメリットのあるシーリングファン。
その効果は、吹き抜けの家だけでなくどんなお住まいでも期待できます。
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

下記では、ピーアイコーポレーションの様々な施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/

 

 

家族のコミュニケーションもスムーズな「リビングイン階段」

住まいづくりをお考えの皆さんのプランの参考になるように、
こちらのコーナーでも様々なアイテムをご紹介していきます。
今回は「リビングイン階段」についてお話させていただきます。

リビングイン階段とは、その名前の通り「リビング内に設けられた階段」のこと。
2階に上がる階段をリビング内に設置することで、様々なメリットがあります。

ひとつは、家族のコミュニケーションがスムーズになる、ということがあげられます。
通常、1階にはリビング・ダイニングをはじめとした共同の生活空間を、2階には寝室や子ども部屋といった居室をつくることが一般的ですよね。
リビングイン階段だと、居室に上がるにも外へ出るにも一度はリビングを通るので、家族の動向を把握しやすく、また、顔を合わせる頻度が高くなることでコミュニケーションの機会増にもつながります。
お子さんがいるご家庭なら特に、さりげなく様子を観察することができ、声掛けしやすい間取りと言えるでしょう。

先日こちらのコーナーでご紹介したこのプランも、
ダイニングスペースとリビングスペースの間に階段を配置したもの。
参考にしてみてください。

 

また、階段をリビング内に設けることで独特な部屋づくりを楽しむことが出来るのもメリット。
さらに、リビング階段と吹抜けを併せて採用することで、敷地面積が狭い場合でも開放感や採光を増やせますし、スタイリッシュな空間を演出することも可能です。
階段下を収納スペースにすればリビングの収納を増やすこともできますね。

一方で、リビングが上階とつながる構造となっているために、
通常よりも上に広い空間を抱えることになり、冷暖房効率に影響が出てしまうことがあります。
また、同様の理由で2階の居室に入ってもリビングの音が伝わりやすくなってしまいます。
リビング階段を採用する際には、適切なプランしっかりした機密性能が大切ですので、
プロの意見も聞いて快適な空間づくりを実現させてください。

下記では、ピーアイコーポレーションの様々な施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/

[間取りに学ぶ] フレキシブルな動線で繋がる空間

今回ご紹介するのは、動線を工夫した住まいのプラン実例。
日々の暮らしや家事の利便性を考えて、工夫を凝らしたプランをご覧ください。

間取り図の中の矢印を見ていただくとわかるように、
こちらの住まい空間には、様々な方向からの動線があります。

例えば、ガレージからシューズインクローゼットを抜けて玄関へ、
土間スペースを通ってリビングへ。
リビングを中心に見ると、土間空間、テラス、ウッドデッキとつながり、
キッチンを通ってファミリークローゼット←→洗面←→玄関とぐるっとつながる。
とてもフレキシブルで、家事効率もアップする空間になっています。

2階へと上がる階段をセンターに設けたのも、動線の工夫
2階のレイアウトをご覧いただけるとわかるように、
廊下の少ない効率的な配置に4つの居室が並び、スペースの無駄がありません

日々の暮らしを便利に、快適に。
そんな思いがこちらの住まいのプランにも詰まっています。

【今回ご紹介の間取り】
敷地面積 54.82坪(181.24㎡)
建築面積 27.3125坪(90.46㎡)
延床面積 46.50坪(154.02㎡)

下記では、ピーアイコーポレーションの様々な施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/

 

[間取りに学ぶ] リビングを広げる2つの空間

今回の間取りプラン実例は、
隣り合う空間を一体的に使える、広がりあるリビングの事例をご紹介させていただきます。

こちらのプランのLDKは、約18.5畳
その隣には客間としても使える和室を配置しています。
その間を仕切っている引き戸を開放すれば、LDKは+4.5畳で約23畳の大空間に
普段は開放したままで、畳の上でちょっとお昼寝なんて楽しみもできます。

さらに、リビングの一角に食い込むようにウッドデッキを設置。
アクセスもスムーズな、一体となった空間をつくり出しています。
LDKのい広さ以上に、伸びやかな暮らしが叶うプランになっています。

さて、その大空間リビングの上部は一部が吹き抜けになっていて、
2階の居室と緩やかにつながります。
その2階には4つの居室を配置。そのうちの1つは憧れの書斎です。
寝室ほどの広さがなくても、独立した書斎は十分につくれますので、
これからの住まいづくりではご要望も増えていくと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

【今回ご紹介の間取り】
敷地面積 50.48坪(166.90㎡)
建築面積 21.75坪(72.04㎡)
延床面積 36.00坪(118.41㎡)

下記では、ピーアイコーポレーションの様々な施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/

【事例ご紹介】 2階に広々リビングの住まい

限られた面積の土地でも、いかにして心地よく過ごせる空間をつくるか
それもピーアイコーポレーションの腕の見せどころ
今回はそんな事例をご紹介させていただきます。

まず外観をご覧頂いてわかるように、
間口が広く奥行きのある縦長両側に隣家が近いロケーション
都心ではこのような土地をよく見かけます。

この土地に、駐車場付きで家族4人が暮らせる家を。
できるだけノビノビした、ゆとりを感じる空間を。
そんなリクエストにお応えして建てられたのがこちらの住まいです。

ガレージのある1階部分には、洗面バストイレ洗濯スペースなどの水まわりを集中
それによって、2階はほぼLDK空間に。
LDK全体が見渡せるようキッチンは対面式を採用し、
家族が集い、コミュニケーションの取れるゆったりした空間が完成しました。

3階には、主寝室と2つの子ども部屋を。
少しでも無駄なスペースをなくすよう、
階段を中心に3つの部屋の配置を工夫しています。

下記では、ピーアイコーポレーションのさまざまな施工事例をご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/