All posts by pi_contributors

ウッドデッキ、バルコニーで開放的な住まいを

家を建てる際、「なるべく広々とした住まいに」という方が多いのではないでしょう。
しかし、お金をかければどれだけでも大きくできるのかというと、建てる場所によって一定の制限があります。それが「建ぺい率(建蔽率)」、「容積率」という数字です。

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合を表すもの。2階建ての一般的な形状の家であれば、1階と2階のうちどちらか大きなほうの面積。
例えば建ぺい率が60%と指定された地域にある100㎡の敷地には、60㎡までの建物が建築できます。

次に出てくるのが「容積率」。これは敷地面積に対する延床面積の割合です。
例えば、敷地が100㎡で容積率80%なら、1階40㎡、2階40㎡の合計80㎡までの建物が建てられます。

さてここで、広々した家にしたいけれど、
費用や土地の制限から「延床面積」を増やせないという場合に役立つ情報を紹介します。

ひとつは「バルコニー」や「ウッドデッキ」です。これらは外壁からの出幅が2m以下の部分は延床面積に含まれません。また、庇などの壁で囲まれていない外側の空間も2m以下であれば含まれず、2mを超えた部分が延床面積に入ります。2mというと、例えばテーブルセットを置けるなどかなりの奥行きがあるので、有効に利用したいですね。
リビングに隣接させれば、リビングからの抜けがよくなり視覚効果も大きくなりますし、開口部を全開口サッシなどにして一体感を高めれば、セカンドリビングのように使うこともできます。
先日こちらのコーナーでご紹介したプランも、
そんなセカンドリビング的な空間づくりを行なった例です。

そのほかにも、代表的なところでは「ロフト」も延床面積に含まれない空間です。天井高が1.4m以下、すぐ下の階の2分の1以下の面積で、はしごが固定されていない場合は延床面積に含まれません。収納として使ったり、子ども部屋の上方に設けてプレイスペースとしたり、書斎代わりに使ったりなど多用途に使えます。

また、建物内に駐車スペースを設けるビルトインガレージは、全延床面積の5分の1以内であれば延床面積から除外される緩和措置があり、超過した場合にその面積を算定します。

制限がある中でも、様々な工夫でより広く、開放的な住まいをつくる。
数多くのノウハウを持つピーアイコーポレーションのスタッフと一緒に、そんな住まいをつくっていきましょう。

下記では、ピーアイコーポレーションの様々な施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/

 

 

かっこいいだけじゃない「シーリングファン」

前回、リビングイン階段のお話をさせていただきました。
吹き抜けとの組み合わせなどで、開放的な空間が生まれる素敵なアイテムでしたね。

今回は、そんな吹き抜け空間などでよくみられるようになった「シーリングファン」のお話。
天井でくるくる回っているおしゃれなプロペラをご覧になられたこともあるかと思います。

このシーリングファン、おしゃれなインテリアとしてのイメージが強いですが、
実は家の空気の流れを変えてくれる機能性の高いアイテムです。

シーリングファンが特に効果を発揮するのは、吹き抜けのあるような天井の高い家です。
天井までの高さがある場合、エアコンをつけるだけでは、どうしても暖かい空気は上へと溜まってしまいます。シーリングファンをつけると、部屋の上と下の空気をかき混ぜて部屋の温度を均一にしてくれます。その結果、空気の層が分かれることなく部屋全体を均等に温度調整することができ冷暖房効率も向上電気代節約にも繋がります。。

また、シーリングファンの下で洗濯物を干すと、普通の部屋干しに比べて乾くのが早いという効果もあります。生乾きの臭いもつかない場合が多いようです。特に梅雨の時期は、外で洗濯物を干すことができず困ることが多いもの。そんな時にもシーリングファンは大活躍してくれます。

もちろん、おしゃれなインテリアアイテムとしても魅力。
シーリングファンと言えば、カフェやホテル、リゾートなどを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?シーリングファンには、形や色、大きさ、照明付きなど色々な種類があります。インテリア性の高さから、空気をかき混ぜるという本来の目的とは別にシーリングファンを取り入れる方も増えています。

デザイン的な魅力と合わせ、様々なメリットのあるシーリングファン。
その効果は、吹き抜けの家だけでなくどんなお住まいでも期待できます。
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

下記では、ピーアイコーポレーションの様々な施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/

 

 

家族のコミュニケーションもスムーズな「リビングイン階段」

住まいづくりをお考えの皆さんのプランの参考になるように、
こちらのコーナーでも様々なアイテムをご紹介していきます。
今回は「リビングイン階段」についてお話させていただきます。

リビングイン階段とは、その名前の通り「リビング内に設けられた階段」のこと。
2階に上がる階段をリビング内に設置することで、様々なメリットがあります。

ひとつは、家族のコミュニケーションがスムーズになる、ということがあげられます。
通常、1階にはリビング・ダイニングをはじめとした共同の生活空間を、2階には寝室や子ども部屋といった居室をつくることが一般的ですよね。
リビングイン階段だと、居室に上がるにも外へ出るにも一度はリビングを通るので、家族の動向を把握しやすく、また、顔を合わせる頻度が高くなることでコミュニケーションの機会増にもつながります。
お子さんがいるご家庭なら特に、さりげなく様子を観察することができ、声掛けしやすい間取りと言えるでしょう。

先日こちらのコーナーでご紹介したこのプランも、
ダイニングスペースとリビングスペースの間に階段を配置したもの。
参考にしてみてください。

 

また、階段をリビング内に設けることで独特な部屋づくりを楽しむことが出来るのもメリット。
さらに、リビング階段と吹抜けを併せて採用することで、敷地面積が狭い場合でも開放感や採光を増やせますし、スタイリッシュな空間を演出することも可能です。
階段下を収納スペースにすればリビングの収納を増やすこともできますね。

一方で、リビングが上階とつながる構造となっているために、
通常よりも上に広い空間を抱えることになり、冷暖房効率に影響が出てしまうことがあります。
また、同様の理由で2階の居室に入ってもリビングの音が伝わりやすくなってしまいます。
リビング階段を採用する際には、適切なプランしっかりした機密性能が大切ですので、
プロの意見も聞いて快適な空間づくりを実現させてください。

下記では、ピーアイコーポレーションの様々な施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/

[間取りに学ぶ] フレキシブルな動線で繋がる空間

今回ご紹介するのは、動線を工夫した住まいのプラン実例。
日々の暮らしや家事の利便性を考えて、工夫を凝らしたプランをご覧ください。

間取り図の中の矢印を見ていただくとわかるように、
こちらの住まい空間には、様々な方向からの動線があります。

例えば、ガレージからシューズインクローゼットを抜けて玄関へ、
土間スペースを通ってリビングへ。
リビングを中心に見ると、土間空間、テラス、ウッドデッキとつながり、
キッチンを通ってファミリークローゼット←→洗面←→玄関とぐるっとつながる。
とてもフレキシブルで、家事効率もアップする空間になっています。

2階へと上がる階段をセンターに設けたのも、動線の工夫
2階のレイアウトをご覧いただけるとわかるように、
廊下の少ない効率的な配置に4つの居室が並び、スペースの無駄がありません

日々の暮らしを便利に、快適に。
そんな思いがこちらの住まいのプランにも詰まっています。

【今回ご紹介の間取り】
敷地面積 54.82坪(181.24㎡)
建築面積 27.3125坪(90.46㎡)
延床面積 46.50坪(154.02㎡)

下記では、ピーアイコーポレーションの様々な施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/

 

[間取りに学ぶ] リビングを広げる2つの空間

今回の間取りプラン実例は、
隣り合う空間を一体的に使える、広がりあるリビングの事例をご紹介させていただきます。

こちらのプランのLDKは、約18.5畳
その隣には客間としても使える和室を配置しています。
その間を仕切っている引き戸を開放すれば、LDKは+4.5畳で約23畳の大空間に
普段は開放したままで、畳の上でちょっとお昼寝なんて楽しみもできます。

さらに、リビングの一角に食い込むようにウッドデッキを設置。
アクセスもスムーズな、一体となった空間をつくり出しています。
LDKのい広さ以上に、伸びやかな暮らしが叶うプランになっています。

さて、その大空間リビングの上部は一部が吹き抜けになっていて、
2階の居室と緩やかにつながります。
その2階には4つの居室を配置。そのうちの1つは憧れの書斎です。
寝室ほどの広さがなくても、独立した書斎は十分につくれますので、
これからの住まいづくりではご要望も増えていくと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

【今回ご紹介の間取り】
敷地面積 50.48坪(166.90㎡)
建築面積 21.75坪(72.04㎡)
延床面積 36.00坪(118.41㎡)

下記では、ピーアイコーポレーションの様々な施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/

【事例ご紹介】 2階に広々リビングの住まい

限られた面積の土地でも、いかにして心地よく過ごせる空間をつくるか
それもピーアイコーポレーションの腕の見せどころ
今回はそんな事例をご紹介させていただきます。

まず外観をご覧頂いてわかるように、
間口が広く奥行きのある縦長両側に隣家が近いロケーション
都心ではこのような土地をよく見かけます。

この土地に、駐車場付きで家族4人が暮らせる家を。
できるだけノビノビした、ゆとりを感じる空間を。
そんなリクエストにお応えして建てられたのがこちらの住まいです。

ガレージのある1階部分には、洗面バストイレ洗濯スペースなどの水まわりを集中
それによって、2階はほぼLDK空間に。
LDK全体が見渡せるようキッチンは対面式を採用し、
家族が集い、コミュニケーションの取れるゆったりした空間が完成しました。

3階には、主寝室と2つの子ども部屋を。
少しでも無駄なスペースをなくすよう、
階段を中心に3つの部屋の配置を工夫しています。

下記では、ピーアイコーポレーションのさまざまな施工事例をご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/

[間取りに学ぶ]家族が自然と集まるアイランドキッチンの住まい

今回ご紹介する間取りプランは、
人気のアイランドキッチンを中心に配置し回遊動線をつくり出した住まい。
ご家族が自然と集い、会話が弾む、そんな住まいになりました。

まず、1階の主役はフルフラットのアイランドキッチン
ダイニングテーブルと繋げて大きな島をつくれば、
その周辺には自然と家族が集まる回遊動線が。
洗面や洗濯スペース、パントリーなどとの行き来もしやすい配置にすることで、
家族とコミュニケーションしながら家事ができる空間になっています。

リビングと面して設けたウッドデッキも、家族の団欒の場になります。

2階には4つのベッドルームを効率良く配置。
主寝室のウォークインクローゼットをはじめ、各部屋にたっぷりの収納を。
主寝室には、在宅ワークにも便利なデスクスペースも設けました。

更さらに、屋上には7.0畳のルーフバルコニーを。
流行りのグランピングを楽しめる空間が、
きっと家族の楽しい時間を生み出してくれるでしょう。

【今回ご紹介の間取り】
敷地面積 35.84坪(118.51㎡)
建築面積 15.75坪(52.17㎡)
延床面積 32.375坪(107.23㎡)

下記では、ピーアイコーポレーションのさまざまな施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/

[間取りに学ぶ] 充実の収納と快適動線のプラン

今回ご紹介するプランは、家族の日常を快適にする
「動線」と「収納」をしっかりとプランした役立つ事例
住まいはデザイン面だけでなく、機能もとても大切な要素ですので
ぜひ参考にしてみてください。

こちらの住まいの1階には、南側の庭スペースに面した位置に広々20畳超のLDKを。
ペニンシュラキッチンからダイニング、リビングスペースまでスムーズに動けるまっすぐな動線が特徴的です。

2階に上がると、階段の目の前は家族みんなで使うファミリーウォークインクローゼット
広いバルコニーにもすぐに出られる動線です。

収納の充実も魅力。
1階にはシューズインクローゼットやパントリーなど場所ごとに十分な収納スペースを設け、
階段下の空間も収納として活用。
2階もファミリークローゼット以外に、各居室に大容量のクローゼットを設けました。
さらに小屋裏収納もあって、普段使わない荷物をたっぷりしまっておける。
この空間は、お子様が秘密基地のように遊べる空間としても活用できます。

 

 

【今回ご紹介の間取り】
敷地面積 40.91坪(135.25㎡)
建築面積 17.09坪(56.51㎡)
延床面積 33.12坪(109.51㎡)

下記では、ピーアイコーポレーションのさまざまな施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/

マンションと一戸建て、資産性から考える住まい選び。

近年は住まいを購入する際、「資産性」を重視する方も増えてきました。
そこで今回は、多くの方からご質問いただくことの多い
マンションと一戸建ての資産価値の違い」についてお話したいと思います。

ここ数年、マンションの価格上昇が著しく、
特に首都圏では、新築のみならず中古マンションの価格も上昇しています。
中古でも価格が上昇しているということは、
つまり資産価値が落ちにくいということです。
とはいえ、マンションと一戸建てでは資産価値の構造が異なりますので、
資産性を検討する際にはその違いを認識しておくことが重要です。

マンションも一戸建ても、築年数が古くなるほど資産価値が下がるのが一般的なのは同じです。
まず、マンションは築年数とともに資産価値が下がりますが、下がり方は緩やかです。
何年後まで価値があるかは維持管理の状態などにもよりますが、築50年前後でも中古市場で売買されている物件もあります。
一方、一戸建ては建物の価値が早く下がるので当初の資産価値の目減りは大き目ですが、
建物の価値がゼロになった後も土地の価値は変わらずに残ります
そのため、建物の価値がゼロになってから数年後には
マンションと一戸建ての資産価値が逆転すると考えられるのです。

こうしたマンションと一戸建ての資産価値のイメージをグラフ化したものがこの図です。
もちろんあくまでイメージですが、この図では築30年を超えたぐらいで価値が逆転し、
その後は差が開いていく形になっています。

もちろん、売却するという面だけでなく、
活用の方法も土地が自由に使える一戸建ての方が有利と言えるでしょう。

マンションか一戸建てか、選択にはさまざまな面から検討されることと思います。
資産性についても参考にしていただき、
納得できる家選びを叶えていただければと思います。

身体に優しく使い勝手の良い「畳の部屋」

こちらの写真は、当社が建てたお住まいの施工事例の和室
洋式の生活が主流になった現代でも、
住まいに和室をつくることを望まれる方は少なくありません。

和室といえば、主役は「」ですが、これがとても優れものです。

リラックスを生む「い草の香りと色」
畳の部屋に入るとほっとする、と感じるのは何故か。実は、い草の香りには樹木が発するいわゆる森林の香り「フィトンチッド」や、漢方薬やアロマオイルにも使われる香附子の主成分「αシペロン」などが含まれていて、リラックス効果が高いことがわかっています。

優れた抗菌作用で臭いの原因菌を退治
古来よりい草は薬草とみなされてきました。い草には、足の臭いの原因となる微生物群の増殖を抑える効果があり、抗菌作用が高いのです。
もちろん、全ての微生物に対し抗菌効果があるわけではありませんが、大腸菌O157を代表とする食中毒菌や腐敗細菌には高い抗菌効果を発揮することが実証されています。

畳は天然の除湿・加湿器
普段私たちが腰を下ろす畳表(表面に張られたゴザ)は、乾燥させた「い草」という植物を織り上げて作られています。い草の中は空気をたっぷり含んだスポンジ状になっているため、湿気をグングン吸い込み乾燥してきたら取り入れた湿気を放出します。
つまり畳は、部屋の除湿と加湿の二役をこなしてくれる優れものなのです。

ゴロゴロしたくなる「適度な弾力」
旅館等で畳を目にした途端、思わずゴロンと横になってしまった経験はないでしょうか。柔らか過ぎず、かた過ぎない、適度なクッション感も畳の魅力の一つです。
この弾力性は、転倒時の重大事故を防ぐためにも一役買っています。子どもやお年寄りのいる家庭にもオススメです。

音や衝撃を吸収して静かな空間に
畳は音と衝撃を吸収するため、防音材やクッションの役割も果たしてくれます。子どもが走り回ってもフローリングより静かなのはこのおかげ。硬くて軽いものを落とした時の軽量衝撃音、人が歩いたりドンドンと飛び跳ねたりした時の重量衝撃音とも、い草表+インシュレーション床の畳は吸収性が高いことが実証されています。

さて、そんな「畳」の中でも最近人気なのが「琉球畳」です。
特長は、縁がなく、通常の畳の半分のサイズで、正方形をしていることです。
この正方形というのは日本人に一番なじみのある形で、清潔感・落ち着きを出すのにも最適な形と言われています。
お洒落でありながら上品さを醸し出せる琉球畳はまさに万能な畳と言っても過言ではありません。

琉球畳なら、普通の和室も手軽にモダンにオシャレに出来ます。
カラーバリエーションも豊富なので、和のテイストを残すもよし。思い切って洋風アレンジするもよし。
可能性は無限大です。

そんなさまざまな効果と魅力のある「畳の部屋・和室」。
住まいづくりの際にはぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。