All posts by pi_contributors

団体信用保険って何だろう?

住宅を購入されたり、建てたりする際、ほとんどの方が「住宅ローン」を利用されますよね?
その際、よく「団体信用保険」(略して「ダンシン」などと呼ばれたりします)というものが登場しますので、
今回はこれを簡単にご説明しましょう

住宅ローンを利用する際は、この「団体信用生命保険」の加入が条件とされていることがほとんどです。
これは、ローン返済途中で住宅ローン債務者が亡くなった場合や、所定の高度障害等になった場合に、保険金によって住宅ローンを返済する生命保険のことです。
つまり団信に加入していれば、住宅ローンの債務者に「もしも」のことがあった場合でも、残されたご家族に住宅ローンのない家を残すことができるわけです。

もちろんそんなことは考えたくないですが、返済リスクを抑えるために必要な保険
ローン返済は長い道のりですから、家族のために必要不可欠なものですよね。

さて、ここで注意点としては、
健康上の理由で団信に入れず、民間金融機関のローンを利用できない場合があるということ。

そういったこともあり得るので、
ローンの利用を決めたら早めに手続きをすることがスムーズな住宅購入のポイントです。

地震保険の仕組みを知っていますか?

日本は世界有数の地震大国。いつ、どんな規模の地震が起こるかわかりませんが、家を購入する際には地震保険に加入する方も増えてきました。
ここでは、これから地震保険に入ろうと思っている人に、正しい地震保険の役割や保険概要をご説明していきます。

 

まずは地震保険の概要について
地震保険自体は民間企業による任意保険ですが、日本政府が再保険をするなど国策で作られた公共性の高い保険でもあります。
再保険とは、ある保険者(保険会社)が危険(リスク)を分散したり、収益を追求したりするために、自己の保有する保険責任の一部または全部を他の保険者に移転する保険をいい、「保険の保険」なので「再保険」と言います。

 

地震保険は、単独で加入することはできません
地震保険は、居住の用に供する建物またはそれに収容される家財を対象とする火災保険にセットして契約することになっており、地震保険のみを単独で契約することはできません
また、火災保険の契約時に地震保険を契約しなかった場合でも、保険期間の中途から地震保険を契約することもできます。

 

地震保険はどこの保険会社で加入しても、商品性、保険料とも同じです
これは地震保険が、前に説明したように国の法律に基づいて政府と損保会社が共同で運営している公共性の高い保険であるからです。
損保会社は地震保険料から経費を除いた額を保険金支払いのために積み立てることが義務付けられており、地震保険で保険会社に利益が生じることもありません。
(※ただし、保険料は所在地と建物によって異なります)

 

地震保険の役割は生活を支えること
多くの方が勘違いされていますが、この保険の目的は地震によって倒壊した建物の再建築が目的ではなく、被災者の生活の安定に寄与することです。
ですので、地震保険では骨董品・貴金属・美術品など、生活に直接関係のないものは保証の対象外となります。

 

地震保険の補償内容
地震保険の保険金額は、付帯する損害保険契約(火災保険)の30~50%の範囲内でしか設定することができないことが法律で定められています。
例えば、火災保険金額2000万円の一戸建て住宅に最大の50%となる1000万円の地震保険を付保した場合、支払い基準最大の「全損」扱いになったときにはもちろん1000万円の保険金が支払われることになります。
ちなみに、地震保険の支払い基準は3段階となっており、上記を例とした場合に支払われる保険金額は、「全損」で保険金額の100%=1000万円、「半損」が保険金額の50%=500万円、「一部損」が保険金額の5%=50万円と、この3パターンしかないこともお気をつけください。

 

日本で暮らしていく以上。地震のリスクは必ず考える必要があります
地震保険で支払われる保険金は、当面の暮らしに必要なお金を補償してくれるものであるという点をしっかり理解しながら、保険料負担と実際に支払われる保険金のバランスまで見極め納得したうえで利用してください。

快適ワークスペースのつくり方

リモートワークや副業、フリーランスなど働き方の多様化に伴い、自宅で仕事をするという方が増えてきましたよね。
しかし、実際にやってみると自宅で仕事をするのはなかなか大変なものです。
・仕事とプライベートのオンオフの切り替えができない!
・作業に集中できない!
・仕事に必要なものの置き場所がない!
など、あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

自宅は本来生活をする場所のため、仕事に集中するためには働きやすい環境づくりが必要です。
ワークスペースをつくりたいというご要望をよくいただきますが、
書斎のように区切った部屋だけでなく、リビングなどの大きな部屋の一角を利用してつくられることもあります。そのためのポイントをご紹介したいと思います。

まずワークスペースをつくるときに大切なのは、生活と仕事の距離をどれぐらいとりたいか、ライフスタイルの面から考えることです。

リビングの一角につくる!
子どもの姿を見ながら仕事ができて、合間の時間を家事や子どもとの時間に活用しやすいのがリビングのワークスペース。
仕事用のデスクや椅子や収納などをリビングの一角に設けるプランが考えられます。
壁に向いてデスクを置き、仕事中にはリビングが視界に入らない配置が集中しやすくおすすめです。
ビデオ会議などで部屋が映り込むことに抵抗がある人は、簡易なパーティションを購入しておいて、必要なときだけ背後に置くようにすれば生活感のあるリビングを見られることもありません。

デッドスペースを活かして
住まいの間取りをプランしていると、どこかに、カタチのわるい中途半端なスペースが発生することがあります。そんなスペースに、カウンターを取り付けたり棚をつけたりすることでワークスペースを作り出すこともできます。例えば、階段下のちょっとしたスペースなども、十分に快適なワークスペースにすることが可能です。

やっぱり理想は書斎!
仕事専用の部屋を用意することで、この部屋では仕事をすると気持ちを切り替えることができます。
リビングや玄関から離れた生活音から切り離しやすい場所がおすすめです。
一般的な居室のような、6畳とか4.5畳という広さは必ずしも必要ありません。
例えば3畳ほどの広さがあれば、机、椅子、書棚といった基本的な構成は可能。
間取りプランを考える中で、ちょっとしたスペースを上手く使えば憧れの書斎も可能です。

先にもお話したように、ワークスペースの作り方はライフスタイル次第
スタッフとじっくりご相談いただいて、理想の空間をつくっていきましょう♪

壁紙の種類と特徴を知っておこう

 

今回は、壁紙(クロス)の種類から、壁紙を選ぶ際の基準まで、壁紙の選び方についてご紹介します。
クロスは英語の「布」を指す言葉ですが、全てのクロスが織物というわけではありません。
様々な素材の壁紙(クロス)がありますので、まずはその種類をご紹介します。

織物クロス
レーヨンや絹、麻などの織物を紙で裏打ちして強度を上げたものが織物クロスです。
高級感があり、見た目も美しいので、ホテルや美術館などの格式高い場所でよく利用されています。
しかし、表面が布なので、汚れが付着しやすく、定期的なメンテナンスを必要とします。

ビニールクロス
日常生活で、最も目にする頻度が多いクロスです。
他の素材と比べてリーズナブルで、加工がしやすいうえに、品質が安定しやすいので、様々な種類が展開されています。
基本的な作り方は、塩化ビニル樹脂などでできたビニールシートを紙で裏打ちするものです。
表面をエンボス加工したり発砲させたりして、いろいろな表情を楽しむことができるデザイン面、表面を加工して、傷がつきにくくしたりカビを発生しにくくしたりする機能面でも非常に優れています

紙クロス
その名の通り、紙でできたクロスです。
紙は、音を吸収し、空気を良く通す素材なので、壁紙を紙クロスにすると防音性が高まるという利点があります。

この他にも、珪藻土クロス、木質系壁紙、無機質壁紙など、様々な種類の壁紙があるので、気になる方は担当に聞いてみてください。

 

 

壁紙の色の選び方
次に壁紙の「色」について
部屋は、ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの三種類の色で構成するとよいとされています。
壁紙は目に見える範囲が広いので、基本的にベースカラーに入ります。
つまり、壁紙の色や素材によって部屋の印象がガラッと変わるということです。
壁紙のベースカラーを決めて、それに合わせて家具を選ぶか、家具に合わせてベースカラーとなる壁紙の色を決めるか、どちらかの方法で色を選ぶとよいでしょう。

また、壁紙をアクセントカラーとして使う方法もあります。
壁の一部分だけ色を変えることで、部屋に立体感が生まれ、独創的な空間を作ることができるかもしれません。

住まいの中の「色」を考える

知識がまったくなくとも、色彩が人間へ影響をもたらしていることは、どなたでも感覚的にご存知のはず。
赤は情熱的な感じとか、ピンクは女の子っぽいとか、青は涼しげな印象を受けるとか。

実際に、色彩心理学・カラーセラピー・カラーコーディネート・パーソナルカラー診断など色彩に関する学問や分野もあり、色の効果は単なる迷信でないことは確かです。

色は電磁波の1つ。どんな色にも、電磁波エネルギーというものがあり、目だけでなく、皮膚でも感じ取ります。私たちの脳や内分泌腺は色からこのエネルギーを吸収し、感情や行動に影響を与えると考えられています。
詳しい仕組みは解明されていませんが、暖色や寒色に対する心や体の反応でその影響を見てとれます。

家作りでも、どんなカラーにしたいかは悩みどころの1つではないでしょうか。しかも家のカラーを決めるとなると、服選び以上に悩みますよね。
服のように自分の好きな色、似合う色を選ぶというのも、家作りにはなんだか合致しませんよね。
そこで、それぞれの空間ごとの色に関する基本的な考え方を少しお話します。

リビング
家族やご友人など、あなた以外の人も長時間過ごすお部屋の場合、人工的な色やビビッドな色は一般的にはふさわしくないとされています。
床・壁・天井には、心理的に刺激が少なくて飽きのこないベージュやブラウン、オフホワイトなどナチュラル系の色彩にすると、どなたでも居心地よく過ごせる空間になります。大きめの家具もしかりです。
あなたが好きな色は、カーテンやインテリア雑貨などで充分楽しめるはずです。その時の好みに合わせて簡単にお部屋の色味を変えられるのもいいですよね。
季節に合わせてその色味を変えて日本の四季を感じたりするのも、ライフスタイルに彩りを添えて豊かなものにしてくれるでしょう。

寝室
よく知られていることですが、寝室に取り入れたいカラーはやはり青です。青は血圧や心拍数を下げ、気持ちを落ち着かせる効果があるからです。
気をつけたいところは、青は温度を低く感じさせる効果を持っている点です。全面的に青を多く使うというよりは、お部屋の一部にうまく青を取り入れましょう。
照明は少し暗めに、間接照明のオレンジや黄色の光にするとより良い睡眠に入れます。オレンジや黄色なので刺激があるようにも思えますが、赤とは違いこの色味の明かりは心を穏やかにしてくれます。

トイレ
リラックスもでき、胃腸に刺激も与えられる色を使いたい場所です。
胃腸の働きを促す色は黄色と言われています。とはいえ、ビビッドな黄色だとリラックスできず居心地の悪い空間になってしまいかねません。
壁や床はアイボリーなどナチュラルな色味にして、スリッパなどの小物類で柔らかな黄色を取り入れるのがオススメです。水回りの空間でもあるので、寒色系よりも暖色系でまとめられる方がリラックスしやすい空間と感じる方は多いでしょう。

浴室
お風呂は1日の疲れを癒したりリセットしたりするセラピー効果の高い空間です。色の面からもサポートしてその効果を高めたいところです。
心を落ち着かせたり癒したりする代表格の色と言えば、やはり緑と青です。ただ、人工的な緑が壁一面にあると癒しとは逆の効果を感じる時があるかもしれません。可能であれば観葉植物の自然な緑を取り入れるのが理想的です。
また、も浴室に向いています。万能な色なのでどの空間にもお使い頂けますが、白が持ついくつかの効果の中から、憩いやくつろぎを与え自己治癒力を高める、リセットしニュートラルな気持ちに整えるといった力に頼りましょう。
真っ白だと緊張感や完璧主義な印象を与えますので、オフホワイトやクリーム色の方がオススメです。

このように、住まいづくりにおいて色はとても重要なポイント。
その特徴を知って、インテリアも含めたカラーコーディネートに取り組むと住まいづくりがより一層楽しいものになると思います。

二世帯住宅、あなたはどのタイプ?

さまざまなご要望に対応した注文住宅を手がけているピーアイコーポレーション。
中でも「二世帯住宅」は、プランニング力が問われるまさに「腕の見せどころ」ともいえる仕事。
今回はそんな「二世帯住宅」のお話をしたいと思います。

ひとくちに二世帯住宅といっても、ご家族のライフスタイル生活時間親と子の考え方の違いなどにより理想となるプランは変わってきます。
玄関や水まわり、リビングやキッチン、ダイニングをはじめとする主要なスペースをどこまで共有し、どこまで独立したものとするか。あるいは生活音の遮断や回避をどこまで徹底するか。

基本的なパターンだけでも、下の図のようにさまざまです。

共有リビングタイプ(A)
しっかりとそれぞれのプライベートを分けられるスペースを持ちながら、キッチン、リビングなど一部を共有するタイプ
共有する部分が多い方が費用を抑えられるというメリットはありますが、水回りなど、何を共有して何を分けるのか、遠慮をせずに納得いくようすり合わせることがポイントです。

上下同居タイプ(B)
親世帯を1階、子供世帯を2階として、上下で住み分けるタイプ。それぞれが平屋感覚で、居住スペースをゆったりと設けることができます。
注意すべきポイントは、上下階で音への配慮が必要になること。それぞれの生活のリズムや動線を考えて居室を配置したプランのご提案のほか、床材の選定や遮音材などによる音の軽減のご提案をしています。

左右同居タイプ(C)
隣り合わせで暮らし、プライバシーを大切にするタイプ。それぞれに1階2階があることから、住まいに戸建て感覚が生まれ、また採光や通風などの条件を平等にクリアできます。
ポイントとしては、左右の分け方のバランスへの配慮が必要になること。住まわれる世帯で必要と考える居住面積をお聞きした上でプランニングします。それぞれの1階・2階のバランスを考慮したご提案をしています。

敷地分割同居タイプ(D)
敷地を分割するように、玄関も分かれた2つの家がくっついているようなカタチで、お隣さん感覚で住み分けるタイプ。お互いにプライバシーが守られ、気兼ねなく生活しながら、変化する将来の状況への対応のしやすさがあります。

 

ライフスタイルや価値観の違う親世代と子世代が、お互いの暮らしを尊重しながら快適に暮らしていくために、ピーアイコーポレーションではライフスタイルや家族構成、敷地条件といった諸条件と照らし合わせ、自然なコミュニケーションを育みながら、お互いの暮らしを尊重することができる、さまざまな同居スタイルを提案いたします。

子どもの勉強部屋について考える

お子さんの勉強を習慣にするために、家づくりからできることとは何でしょうか?
勉強の習慣をつける大変さは、お子さんがいらっしゃる家庭であれば、多くの方が経験しているのではないでしょうか。

東大生を対象にした「子供の頃の勉強場所」に関するアンケート調査では、「リビングで勉強していた」という回答がダントツで多く、家族のそばの方が落ち着いて勉強に打ち込める理由を、「息抜きをしたい時には家族との会話でリラックスができるため勉強がはかどる」と説明しています。

アメリカで行われた研究によれば、宿題のチェックや学校の様子を聞いたりなど、親が子供の学校生活に深く関わっているほど、子供の学力が高まるという結果が出ていて、親との会話は子供の学習能力に影響を与えていることがわかります。

常に物音がするリビングやダイニングでは気が散ってしまうのではないか、と心配する方もいるかもしれませんが、実は適度な雑音がある方が集中力がアップするという研究結果も出ています。コーヒーショップで勉強や仕事をすると集中できる、という経験はありませんか? これは、店内で聴かれる雑音の音量くらいの適度な音がある方が集中力が増し、思考力もアップするからと言われています。

その他、共有スペースでは他人から見られていることで、やる気や仕事の質・量、そしてスピードなどのパフォーマンスが変化する現象「観客効果」が起こりやすいためとも言われます。適度な緊張感と共に自然とやる気が湧いてくるなど、これは個室にはない共有スペースならではのメリット。やはりリビングやダイニングでの学習でお子さんの集中力は増すようです。

コミュニケーションの取りやすい空間が子供の学習能力を伸ばしてくれることは、MITのシーモア・パパート教授が提唱した教育の3つの要素「3Xからも説明することが可能です。3Xとは「Explore(探求)」、「Exchange(交流)」、そして「Express(表現)」を意味しており、コミュニケーションを軸にした教育を行うことで子供の探求心を刺激し、勉強に取り組む意欲が最大に高まるため、自主性を促す3Xが効果的だとしています。

ちょっと難しい話になってしまいましたが、親と一緒にリビングで過ごすことや、親の姿が見える場所で勉強することが、お子さんにとってもプラスの環境と言えそう。どんなリビングにするかを考える、ひとつのヒントになりそうです。

 

注文住宅の楽しみ、間取りを考える

注文住宅の魅力のひとつは、自分たちのライフスタイルに合わせて間取りから考えていけること
でも、自分たちらしく、暮らしやすい間取りにしたいけれど考えがまとまらない。どう伝えればいいのかよくわからない、という人も少なくありません。
そこで今回は、間取りをオーダーする上で大切なポイントをお話したいと思います。

まず大切なことは、自分たちの希望について「なぜそうしたいかの理由や背景を伝えること。
例えば「広いリビングが欲しい」というオーダーの場合、最も大切なのは、部屋数や畳数ではなく「なぜそうしたいのか」という理由や目的。
ひと口に“広い”といっても、人によって感じ方は違いますから、なぜ広さが必要なのか、そこでどう過ごしたいのか、理想の暮らしや重視することがプランニングの手掛かりになります。

理由や理想を言葉にするのが難しいなら、現状どう暮らしているかを詳しく伝えるのも有効。
生活パターンや家族の習慣などを話していただけると、部屋の使い方や家族の距離感がわかり、その家族に合った解決策を提案しやすくなります。
例えば、リビングは朝、昼、晩と、誰がどう過ごしているのか。テレビを見る、仕事をする、子どもが遊ぶなど、明確な役割をもった「使いやすい空間」を提案することができます。

 

キッチンについても、例を挙げてみましょう。

例えば、忙しい共働き家庭のキッチンでは、機能的で簡単に掃除・片付けができることが求められたります。食事の取れるダイニングカウンターをつけたり、夫婦で一緒にキッチンに立つことが多ければ通路を広く取ったり、二列にレイアウトして作業スペースを分けたり……キッチンは主に誰がどんなシチュエーションで使うのかがポイントになります。

普段の家事の流れを考え、使う頻度の高い家電、調理器具、食器などを軸にすると、どこに作業スペースや収納を取れば効率が良いかレイアウトがイメージしやすくなります。
買い物は週に1回、休日に車で出掛け、まとめ買い。食べ盛りの子どもがいて、食材のストックが多い。
そんな家庭なら、広めのパントリーを設けるのも一案ですね。

自分たちの暮らしに合った間取りにすることで、使い勝手が良く、居心地の良い空間になります。そのためにも、「カタチではなく暮らし方」について、じっくりとお話を聞かせてください。

[住まいづくりの基礎知識] アフターメンテナンスって何が必要?

ようやく憧れのマイホームを手に入れた!
大きな喜びだと思いますが、建物は建った時から劣化が始まります。
それをできるだけ防いで、快適な暮らしを続けられるようにするのがメンテナンス。
将来どんなメンテナンスが必要なのかを知っておくことも重要なポイントです。

 

まず、最もコストがかかるメンテナンスとしては、屋根・外壁・軒先・軒裏など建物の外側が挙げられます。やはり風雨にさらされるので、10年後あたりでのメンテナンスが必要とされています。
これは建物の立地条件でも大きく違い、例えば海の近くなどは、塩害や風のあたりが強く 外壁などメーカーがうたっているメンテナンス時期より早く劣化が進みます。
その他にも、風当たりが強い地域では、屋根・外壁・軒天(軒の裏)などの傷みが早かったり、大きな道路や信号機の近くであれば、排気ガスの汚れで外壁・軒天などが黒く汚れてきます。

屋根・外壁など一番劣化が問われる部分の素材として 近年メンテナンスフリーの素材が出ています。 例えば「ガルバニュウム鋼板」(総称)という錆びない鋼板があり、メーカー側としては30年以上又は半永久的に大丈夫であるとうたっています。
しかし、そのような素材を使う際に気を付けていただきたい事もあります。
ガルバニュウム鋼板は板金の素材なので 雨の音への対策寒さ・暑さへの温熱対策が必要です(断熱材施工等)。
また、外壁サイディングのメンテナンスフリーの素材は高価で初期コストが上がることと、サイディングの繋ぎ目にあるコーキングが10年ほどをめどにメンテナンスが必要となることなど、完全なメンテナンスフリーは難しくもあります。
結局、様々なバランスへの配慮と、どんな素材を使ったとしても施工技術による差があります。

 

その他には、ガス台は8~10年で入れ替え給湯器は10~18年で取り換えが必要と言われています。設備の交換については、それを見越して資金計画=生活設計をしておくことも重要ですね。

 

アフターメンテナンスは素材はもちろん、
建てた時の建て方やその後の維持管理でだいぶ違ってきます。
将来のコストを抑えるためにも、
しっかりした技術を持った会社で建てて、適切な維持管理をしていくことが重要。

 

ピーアイコーポレーションのアフターサービスについては
下記を参照してください。
https://pi-co.jp/custom/

 

[住まいづくりの基礎知識] お引き渡し・入居編

契約が終わり、建物が完成し、いよいよ夢のマイホームにお引越し♪新しい生活の始まりです。
でも、はやる気持ちを抑えて、慌てずしっかりと最後のチェックをすることが重要です。今回はそのポイントについてお話します。

 

建物が完成したら、内覧会
内覧会とは、建物の仕上がり具合をチェックしながら、その家の「使い方」を教えてもらう機会です。
図面通りに施工されているか、ドアや窓、扉、水道などに不具合はないかを実際に動かして確認し、メンテナンスの方法や保証期間についての説明を受けます。ただし、設計図面と実際の建物が異なる場合もありますので、気になることは確認するようにしましょう。
また、運び込む予定の家具や家電品の設置場所や運び込み手順、搬入ルートを、メジャーを使って確かめておくこともオススメします。

内覧会の流れ
(1)隣地との境界確認
(2)仕上がり確認 ― 建物外周部、建物内部、可動部分
(3)設備機器等の取扱い説明 ― 設備機器、TV・電話・LAN配線
(4)メンテナンス方法
(5)長期使用製品安全点検制度の説明
(6)入居までの諸手続きのご案内、その他

お引渡し~ご入居
買主が売主に残代金を支払い、売主が買主に所有権を移転する、これが引渡しです。
住宅ローンを利用する場合は、金融機関で行われるのが一般的です。
売買契約書、ローンの金銭消費貸借契約書、登記申請書などに不備がないかを確認し、借入金を売主に支払うと、代わりに鍵を受け取ることになります。所有権の移転登記も、通常は司法書士が申請してくれます。
引渡しに際しても、いくつかの資料をもとに説明が行われます。

お引渡しは、当社との長いお付き合いの第一歩となります。
新しいマイホームで生活をしていく中で、お手入れの仕方など、わからないことがでてくることと思います。
当社では、定期点検アフターサービス自社一貫体制で行っておりますので、お引渡し後も安心してお住まいいただけます。
わからないことがあった時や、お住まい後に気づいたことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

ピーアイコーポレーションのお引渡しまでの流れについては
下記を参照してください。
https://pi-co.jp/custom/