All posts by pi_contributors

「住まいづくり」のポイント〈家づくりにかかる費用編〉

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

 

憧れのマイホームづくりには、資金計画や土地探し、建物のプランづくり、契約や各種手続き、実際の工事など、さまざまなステップがあります。
その中でも、お金に関する部分は何より気になるところではないでしょうか?
今回はこの「家づくりにかかる費用」について触れてみたいと思います。

 

理想のマイホームも、予算と折り合いがつかなければ実現できません。
まずは、家づくりにかかる費用をきちんと把握して、無理のない資金計画を立てましょう。

 

家づくりにかかる費用は、「総建築費」と「その他の費用」に大別できます。
総建築費というのは、建築会社に支払う費用のことで、建物を建てるためにかかる費用(本体工事費)と、それに付帯する費用が含まれます。
その他の費用としては、引っ越し・仮住まい費用、エアコンや照明、家具代などがあります。

 

まず、総建築費の内訳は・・・。

建築本体工事費
建物の躯体を建築するのにかかる費用です。(一般的に坪単価といわれているものは、この費用を建物の坪数で割った価格になります)
基礎・土台・柱・梁・屋根・外壁・サッシ・建具・キッチンや浴室などの設備機器、電気工事、その他足場や工事の安全に関わる仮設費用などが含まれます。

 

付帯設備工事費
建築躯体工事以外の費用のうち、建物外のライフラインに関する工事のことです。 水道引き込み工事、給排水設備工事、ガス配管工事などになります。

 

その他工事費
建築躯体工事以外の費用のうち、敷地条件などで大きく費用が変わる項目です。外構工事・解体工事・地盤改良工事などがあります。

 

諸費用
敷地の測量調査費用・建築確認申請費用・設計費・工事監理費・契約時印紙代・登記費用・固定資産税・火災保険などがあります。

 

その他の費用
直接の工事費用ではないので、忘れがちになりやすい部分です。引っ越し代、仮住まいの家賃、駐車場代などがあります。
また、エアコン、カーテン、家具代なども別途かかりますし、古い家具や電気製品の引き取りにも料金が発生します。

 

まずご自身の用意できる資金を把握し、建築会社に予算を正確に伝えましょう。
大切なことは、坪単価」に惑わされず、内訳をしっかり確認すること。
ピーアイコーポレーションでは、家づくりに関わる費用について、納得のいくまでご説明しお手伝いします。

 

 

暮らしやすさのポイントはキッチンにあり!

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

前回このコーナーで、住まいのプランニングについてお話いたしました。
その住まいの中でもキッチンは、日々の暮らし方に大きく影響する空間。
食を通じて人と人が繋がる重要な場所ですから、「収納をふやしたい」、「静音型にしたい」、「対面式にしたい」など、様々な要望をもたれる方が多いのではないでしょうか。

最近は様々なキッチンが登場していますが、生活スタイルに合わせて検討するためにも、
まずは基本的なキッチンのタイプについて知っておきましょう

 

 

まず大きく、「対面式かそうでないか」で2つに分かれます。

対面式でないスタイルの場合、キッチンが壁に面して並んでいるタイプか、壁で仕切られた独立型かがあります。
キッチンだけで独立したスペースになっている「独立型キッチン」は、仕切られた別の空間なので調理の煙やニオイがリビングに来ないことがメリット。お客様が来ても片づけなどに気を遣わなくていいのもプライベートスペースならでは。お料理に専念したいという本格派におすすめのスタイルです。

対面式の場合は、さらに「オープン」か「セミオープン」かに分かれます
「オープンキッチン」は、キッチンが壁で仕切られているのではなく、ダイニングやリビングとつながっている形式。空間が広く感じられ、開放的な印象を与えるメリットがあります。
「セミオープンキッチン」は、クローズとオープンの中間の形式。吊戸棚などで少し目隠しされているタイプです。

 

 

さて、オープンキッチンの中でも最近人気のスタイル「アイランドキッチン」と「ペニンシュラキッチン」についてもご紹介したいと思います。

アイランドキッチン
キッチンの端がどれも壁に接していない、完全に独立したキッチン「アイランドキッチン」に憧れる方も多いのではないでしょうか。
キッチンの周りを取り囲んで料理や食事ができるので、ホームパーティをする人や家族で料理をする人にもオススメ。回遊性の高いアイランドキッチンは両側に空間が必要なため、ある程度の広さがないと、リビングなど他の空間が狭くなってしまうので要注意です。

ペニンシュラキッチン
アイランドが「島」なら、ペニンシュラは「半島」です。キッチンの左右どちらかが壁に面した対面キッチンを「ペニンシュラキッチン」と呼びます。リビングを見渡しながらお料理できるので、子育て中のママに人気のスタイル。アイランドキッチンよりも場所を取らず、お手入れもしやすくて実用的です。
ペニンシュラでも、工夫次第でアイランドキッチンのような開放感と回遊性が得られます。

様々なスタイルがあるキッチンですが、一概に「これがいい!」というものではありません。
対面式か否かをとっても、それぞれメリット・デメリットがありますから、どんな暮らし方がしたいかが何よりも大切です。
またピーアイコーポレーションでは、それぞれの「いいとこ取り」や「2つのスタイルの中間」など、工夫を凝らして住まう方にぴったりのキッチンをご提案しています。

「住まいづくり」のポイント〈プランニング編〉

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

前回こちらのコーナーで、土地探しプランニングは同時進行で、というお話をさせていただきました。
では、プランニングについてはどのように進めていけば良いのでしょうか?

プランニングはまず、ご家族全員で理想の生活スタイル、マイホーム像について話し合いながら、「こんな家に住みたい」「こんな暮らしがしたい」というように、自分たちのライフタイルに合った住まいのイメージをご家族で共有することが重要です。

住まいの広さや間取りを考える上で大切なのが、ご家族の生活スタイル。
まず、現在の生活スタイルとその改善点を考え、さらに10年後、20年後という長期的な視野で考える。
お子さまの成長や家族構成の変化など、将来像も想定してみてください。

現在> 一番長く過ごす部屋はどこか、来客はあるか、ペットはいるか、家族の趣味は? 不都合に感じていることは?
将来> お子さまの成長・独立、ご夫婦それぞれの個室、二世帯住宅、バリアフリーの必要性など。

とにかく思いついたことはすべて書き出しておくとよいでしょう。
専用のノートをつくることをおすすめします。

そうして書き出した項目に、こだわりの優先順位を整理して、住まいづくりで何を優先するのかをピックアップ、リスト化します。
お子さまがいらっしゃるのなら、成長に応じてフレキシブルに変更できる間取り構成、ご高齢のご家族がいらっしゃるのであれば、安全を考慮した設備、お客さまを招く機会の多いご家庭なら、広いリビングや開放的なキッチンというように、日々の生活スタイルや将来の変化も見据えながら、優先項目を書き出します。
このリスト化の作業自体が、いわば住まいづくりのプランニングにつながるのです。

>必要な部屋数、部屋の大きさ、収納量
>家事動線、明るさ、風通し
>色づかいやデザイン
>絶対に必要な設備機器
>あったらよいなと思う設備機器
>建物に対するこだわり。耐震性能、断熱性能、省エネ、施工力、アフターメンテナンス
>カーポート、駐輪スペース

そうはいっても、最初は自分の好みなども明確でなく、どうプランニングしていったらいいかわからない方も多いでしょう。

そんな時、まずはご友人や知り合いの方の住まいを見学させてもらったり、気になるモデルハウスなどを見てまわり、理想の住まいをイメージするのもいいと思います。
数多くの住宅を見ることで、自分自身の住まいに対する具体的な好みやこだわり、優先順位が整理できます。いろいろな家を見るのは、けっこう楽しいものです。

そうして描いたたくさんの思いを、「できないかもしれない…」という点があったとしても諦めてしまうのではなく、まずはご要望をすべて、私たちにぶつけてみてください。

お客さまからお聞きしたご要望をもとに、プロがその思いを実現する具体的なプランとして作成
複数のラフプランを社内で検証しながら、家具などの配置も含めて設計図面に落とし込み、お客さまのご要望を満たした最適のプランにまとめます。
さらにお客さまにわかりやすい図面を作成してご提案いたします。

多くの方にとって、おそらく一生に一度の住まいづくり。
後悔のないよう、どんなご要望でも私たちにご相談いただければと思います!

 

[住まいの性能] 面で揺れを受け止める強い家

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。
私たちが建てる住まいの性能についてご紹介しているこのコーナー。
今回は、前回に引き続き「揺れに強い家」というテーマでお話させていただきます。

☆ ★ ☆ ★ ☆

ピーアイコーポレーションの建てる家の「強さ」のポイント、
それが、優れた構造強度と高い耐久性を実現する木造用耐力壁」です。

木造住宅は柱が太いからといって耐震性が高いわけではありません。
木造住宅は真上からの重さには柱で支えることができますが、横からの力=水平荷重には弱く、その荷重の代表的なものが地震の横揺れや台風などの強い横風。
これらに抵抗するために設置するのが「耐力壁」です。
この耐力壁は、あらゆる方向に力が分散し一部に負担がかかりにくく、
大量の釘が抵抗するため、大きな力がかかっても粘り強いという特長があります。

 

また、耐力壁で住まいを囲うことによって、すき間が少なく、外気を遮断できる
気密性能という点からも、高性能な住まいが実現します。

 

[住まいの性能] 倒壊を抑え、損傷すらも防ぐ

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。
私たちが建てる住まいの性能についてご紹介しているこのコーナー。
今回は「揺れに強い家」というテーマでお話させていただきます。

☆ ★ ☆ ★ ☆

万一の大地震にも備えた強い家にするために、ピーアイコーポレーションでは
通常耐震などで使われる筋かいよりもさらに揺れに強い構造を実現しています。

地震エネルギーを最大48%吸収できる耐震+制震装置を採用。
エネルギー吸収として、震度6強400ガルの揺れを震度5弱200ガル程度に抑えます。

ポイントのひとつは、制震ダンパー
シングルチューブ構造を採用したオイルダンパーのMER SYSTEMは、揺れ始めから効果を発揮。
建物に伝わる地震のエネルギー(加速度)を最大40∼48%吸収することができるため、建物の変位と揺れを早く抑えることができます。

 

ピーアイコーポレーションの住宅は、すべての住宅で構造計算を実施。なかでも、耐震等級の最高ランクである「耐震等級3:建築基準法の1.5倍」の耐震設計にしています。
(※一部プランにより異なる場合があります)

耐震工法+MER SYSTEMで、余震などくり返しの地震にも対応し、大切な家を守ります。

 

[住まいの性能] 室温に影響しない換気システム

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。
私たちが建てる住まいの性能についてご紹介しているこのコーナー。
今回は「換気」についてお話させていただきます。

☆ ★ ☆ ★ ☆

室内の温度を一定に保つことが大切である一方で、
室内の空気を換気によってきれいにすることも、健康のための大切なポイント。
ピーアイコーポレーションでは、新鮮な空気は取り入れつつ、室温をできるだけ保てるように
高性能で省エネにも貢献する換気システムを採用しています。

当社が採用している「ダクトレス換気システム」は、温度交換効率最大75.7%。
PM2.5にも対応したフィルターで家をキレイな空気に保ちます。
PM0.1(ウィルスの大きさと同等)を75.5%集塵するMAGIQFILTER&PM2.5対応が標準だから、
外気に含まれるさまざまなウイルスもシャットアウト
しかも、換気の気流でマイナスイオンを発生するマジックフィルターです。

冷暖房効率と換気という、相反するテーマに対応した住まいづくりで、
ご家族が快適に過ごせる室内環境を実現させています。

[住まいの性能] 窓辺の"寒い・暑い"を解消する樹脂窓

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。
私たちが建てる住まいの性能についてご紹介しているこのコーナー。
前回は断熱材についてお話させていただきましたが、
今回は、冷暖房効率に大きく影響するもうひとつのポイント」についてお話させていただきます。

☆ ★ ☆ ★ ☆

部屋の温度差をつくる原因の一つは「」。
壁や床にどんなに優れた断熱材をしようしても、
窓の仕様ひとつで住まいの冷暖房効率は大きく変わってしまいます
ピーアイコーポレーションの住まいは、二重ガラスの樹脂性フレームの窓を採用。
室内の温度を外へ逃がさず、結露も防ぎます。

この樹脂窓の特長は、樹脂+Low-E複層ガラスを組み合わせた高い断熱性能。
複層ガラスの間には、空気よりも熱伝導率が低いアルゴンガスを充填しています。
この構造により、室内と窓との温度差が少なくなることで、冬も夏も快適で、しかも省エネにも役立ちます。

ガラスもフレームも冷たくならないこの樹脂窓が、
過ごしやすい快適な室内環境を実現します。

[住まいの性能] 外気温から守る、3つの断熱材

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。
今回から数回に分けて、私たちが建てる住まいの性能についてお話したいと思います。
今回のテーマは「断熱」です。

☆ ★ ☆ ★ ☆

省エネ快適な室温を保つためのポイントのひとつは、家の断熱材です。
屋根、壁、床にどんな断熱材を使っているかは、快適な室内環境に大きな影響を与えます。

冬は熱を逃がさず、夏は暑さを通さない。そして、家の隅々まで温度を一定に保てるように。
家のどこにいても一年中快適に過ごせるために、
ピーアイコーポレーションでは高性能で省エネにも貢献する建材を厳選しています。

水から生まれた環境に優しい断熱材「アクアフォーム
アクアフォームは、温室効果の大きいフロンガスを使わず、水を使って現場で発泡させる断熱材。発泡することにより凹凸のある場所にも隙間なく断熱材を施工できるため、高気密な断熱を実現できます。
たとえば屋根。屋根から届く熱から室内を守り、2階の冷暖房効率を高めます。

赤外線を反射し放射熱を抑える「遮熱通気スペーサー
表面にアルミをコーディングすることにより長期間にわたり太陽からの熱を反射させ、さらに放射熱(輻射熱)を抑える効果があります。透湿性の高い通気性のある素材を使用しているため、湿気の排出を妨げません

薄くてもトップクラスの高い断熱性能の「床用断熱材
高いガスバリア性と独立気泡率で断熱性を長期にわたって維持。
熱に強く燃えにくいフェノール樹脂のため「耐燃焼性能も高く、ノンフロン発砲で環境にも優しい素材です。

これらの素材と高い施工技術によって、ピーアイコーポレーションの住まいは
断熱等級の最高ランクである 「等級4: 平成25年基準の外皮性能相当を取得しています。
(※一部プランにより異なる場合があります)

施工事例ご紹介[壁紙が個性を演出する住まい]

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

今回も前回に続き、私たちが手掛けた住宅の中から
ケース・スタディをひとつご紹介したいと思います。

こちらのN様邸、特徴のひとつはセンスが光るさまざまなアクセントクロスの使用
特に玄関ホールのグラビオエッジは、お住まいの個性を一段と際立たせています。
グラビオエッジとは、深彫り調のエンボス加工でエッジの効いた陰影と素材感のある意匠が魅力の装飾不燃壁材
壁面にアクセントを加えて、お部屋を個性的に演出するのに役立ちます。

アクセントクロスはさまざまな場所に使われていて、
リビング、トイレ、2階の居室とそれぞれがオリジナルの空間に仕上がっています。

 

また、今回施主様からご要望いただいたもう1つのポイントが
ご主人の勤務先であるメーカーの最新設備の採用。
システムキッチン、洗面台、ユニットバス、トイレ、ガス乾燥機など、
最新の設備で住まいを構成しています。

その他、収納の多さなど細かなところまで暮らしやすさをしっかり追求したこちらの住まい。
思っていた以上に低価格で完成し、
考えられた間取りで、心配していた日当たりも問題ないようプランしてくれたとご満足いただきました。

 

施工事例ご紹介[動線と収納を追求した住まい]

みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

今回も、私たちが手掛けた住宅の中から
ケース・スタディをひとつご紹介したいと思います。

 

こちらのK様邸の特徴は、
何より家事を含めた日常の暮らしやすさを徹底して追求したプランになっていること。

 

まず、家事動線の良さがその1つ。
収納力のある作りつけの棚にペニンシュラ型のキッチンを中心に、洗面所、バスルーム、リビングをストレスなく周遊できるよう、考えられたレイアウトになっています。

そして2つ目が、収納力。パントリー、リネン、SIC、ホール収納庫、ダイニングカウンター下収納、1階洋室クローゼットと仏壇置き場・・・。さまざまな場所に十分な収納を確保し、生活空間に余計な物を置かず、すっきりと使えるようになっています。

広い洗面脱衣室には、収納とともにちょっとした家事もできるカウンターを設けるなど
細部にまで気を配ったプランで、
施主様にも大満足いただいた住まいになりました。