地震につよい家
<耐震性能>

住宅の安全性を確保するうえで、耐震性能は重要な役割を持ちます。
耐震性能というと、地震の揺れに耐える性能を思い浮かべる方が多いことでしょう。
しかし、地震による被害を免れる性能は1種類ではありません。

ピーアイコーポレーションの住宅は、様々なノウハウと知識をフル活用し、
皆様の安全を確保するために様々な機能・技法を駆使することで、
みなさまの住宅や土地に合った性能をご提供いたします。

地震の揺れへの対策種類

ひとことに地震に強い家と言っても、地震によって生じるエネルギーをどう受け止めるかによって対策が異なってきます。
震動を受け止める耐震構造と変形しながらも震動を逃がす免震構造が挙げられます
どのタイプが最良とは一概には言えませんが、それぞれの長所・短所を把握することは地震対策において重要なことです。

耐震

壁をパネル化することで、シェル(殻)構造で強化したり、支柱に金属ピンを入れて強化します。

制震

柱同士をダンパーといわれる装置で(オイル、ゴムなど)で繋ぎ、揺れを逃がします。

免震

基礎と建物の間にゴムなどの装置を設置して建物に伝わる揺れを小さくします。コストが高く定期メンテナンスが必要です

減震

揺れを逃がすところは、”免震”と同じですが、コスト考慮し、パッキンなどを用い、揺れを逃がします。

当社では、上記のうち「耐震」と「制震」を組み合わせ、3つの工法を採用しています。

  • 木造軸組パネル工法(耐震)
  • ピン工法(耐震)
  • 制震ダンパー(制震)

構造計算

構造計算とは、建築物を設計する際に、地震、台風、積雪など自然の力を受けた場合に安全性を保てるかを数値で確認するものです。
ピーアイコーポレーションの住宅は、すべての住宅で構造計算を実施。
なかでも、耐震等級の最高ランクである「耐震等級3:建築基準法の1.5倍」の耐震設計しています。(※)

※一部プランにより異なる場合があります。
※壁量計算・N値計算

構造計算チェックポイント

木造軸組パネル工法

柱に直接面材を固定するのではなく、柱と柱の間にパネルを組込み、より多くの箇所で固定することで力を分散し、地震に対して粘り強さを発揮します。またパネルを柱や梁と合わせて用いることで、家全体を包み込むような形となり、これをモノコックと呼び、構造体を作ることで強度を高めます。

一般的な木造軸組工法

木造軸組パネル工法

外壁部分に耐震パネルを加えることで、「点」ではなく「面」で地震等の力を受けて分散させるため、ねじれや変形が起こりづらい工法です

ピン工法

地震など大きな力を受けた時に、柱が抜けてしまうことがあります。こうなると、1階の柱は2階や屋根を支えきれず潰れてしまいます。倒壊原因の70%が、「柱のほぞ抜け」のようです。

ピン工法では、専用のピンで柱と土台、基礎を固定することで、柱抜け:家の倒壊を防ぎます。

在来工法

在来工法ですと、強い揺れにより柱が「ほぞ抜け」する場合があります。

ピン工法

ドリフトピンを設置することで、柱と土台をしっかり固定。地震における柱抜けを防ぎます。

制震ダンパー

世界的知名度を持つチューニングメーカーが製造する制震ダンパーは、耐久性はもちろん木造住宅にもっとも適した効果を発揮します。

耐震工法+制震装置

耐震工法に制震ダンパーをプラス事で、地震エネルギーを40~48%吸収します。

多方面からの揺れに対応

実際の地震は複雑で建物の斜めから力が加わり、斜めに揺れることもあります。このよう場合ベアリングユニットが上下左右に稼働するため、あらゆる角度からの揺れに対応します。

住宅性能・工法に関するご質問・お問い合わせはこちらから