住宅性能・工法

安心して暮らせる生活を支える技術があります。
ピーアイコーポレーションの住宅は「耐震性」「省エネルギー性」を中心に
様々な住宅環境にたいする万全の対策を施しております。
また第三者機関による「住宅性能評価表示制度」を導入しています。

構造計算

ピーアイコーポレーションの住宅は、すべての住宅で構造計算を実施。なかでも、耐震等級の最高ランクである「耐震等級3:建築基準法の1.5倍」の耐震設計しています。
※一部プランにより異なる場合があります。
※壁量計算・N値計算

地盤改良工事

綿密な地盤調査を行い、調査に基づき表層改良や湿式・鋼管による柱状改良を行っています。
深層地盤改良工法である【柱状改良】では長期にわたる地盤の強度維持が可能になります。

ピン工法(柱脚金物)

地震など大きな力を受けた時に、柱が抜けてしまうことがあります。こうなると、1階の柱は2階や屋根を支えきれず潰れてしまいます。倒壊原因の70%が、この「柱のほぞ抜け」のようです。ピン工法では、専用のピンで柱と土台、基礎を固定することで、柱抜け=家の倒壊を防ぎます。

パネル工法

外壁部分に耐震パネルを加えることで、「点」ではなく「面」で地震等の力を受けて分散させるため、ねじれや変形が起こりづらい工法です。設計自由度が高く、将来の増改築に対応しやすく、かつ耐震性に優れた長所をもちあわせた合理的な工法です。従来の軸組工法の住宅とは違い、柱・梁・面材で支える耐震性に優れた工法です。

制震ダンパー

世界的知名度を持つチューニングメーカーが製造する制震ダンパーは、耐久性はもちろん木造住宅にもっとも適した効果を発揮します。実際の地震は複雑で建物の斜めから力が加わり、斜めに揺れることもあります。このよう場合ベアリングユニットが上下左右に稼働するため、あらゆる角度からの揺れに対応します。

断熱性能

断熱材には、業界トップクラスのネオマフォームを採用。ネオマフォームの熱伝導率は、数ある断熱材の中でも世界最高レベルの性能で(λ=0.020W/(m・K))他の断熱材に比べて、同じ厚さでも高い断熱性能を発揮します。ネオマフォームのは熱に強く燃えにくく、シックハウス対策も施されており安全性にすぐれています。

Low-E複層断熱ガラス

Low-Eペアガラスは、冬に室内に太陽光を採り込み、暖房熱を外へ逃がしません。部屋のすみずみまで暖かさを保ち、心地よく快適に過ごせます。不快な結露の発生も抑えることができるので、カビやダニなどの繁殖もセーブします。
Low-E(ロー・イー)とはLow Emissivity(ロー・エミシビティー)の略で、『低放射』という意味です。

遮熱性能

太陽光の中でも熱線となる赤外線のみの反射率を大幅に向上させた屋根材を採用。これにより、屋根材への蓄熱を抑え、夜間の大気への放熱、居住空間への熱の伝達を抑制します。屋根で熱を反射し、居住空間への熱の伝達を軽減させることで、年間の冷暖房エネルギーを削減し、地球温暖化の原因となるCO2の発生を軽減することも期待できます。

外壁通気工法(壁)

水や断熱材の内部結露などによる湿気を防ぐため、外壁と断熱層の間に通気層を設け湿気を逃がす「外壁通気工法」を採用。構造躯体を常に乾燥状態にして建物の強度を維持し、土台や柱を白アリ繁殖から守ります。

IoTスマートハウス

先進のIoTと地域密着の警備体制で、安心・快適のライフスタイルを提供しています

住宅性能表示制度

住まいの安全を証明するため、「住宅性能表示制度」を導入しています。

着工から竣工まで、評価機関による4回もの厳しい検査を実施。さらに監査団体による6回もの検査も併行して実施しています。

住宅性能・工法に関するご質問・お問い合わせはこちらから