みなさんこんにちは。

ピーアイコーポレーションのつくる住まいの現場レポートをお届けしていくこのコーナー。今回は1月某日行われた地鎮祭をレポートします♪

ふだんの生活の中では耳慣れない地鎮祭。

まず、地鎮祭とは、地鎮祭の流れは?・・・といことでウィキペディアをから引用させてもらいました。

ーー地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)とはーー

土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の守護神(鎮守神)を祀り、土地を利用させてもらうことの許しを得る。これには神式と仏式がある。一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。鎮地祭土祭り地祭り地祝いとも言う。

(所説あり)

ーー地鎮祭の流れーー

手水(てみず、ちょうず)

神事の会場に入る前に、手水桶から掬った水で両手を洗い心身を清める。

修祓(しゅばつ)

開式の後、祭典の本儀に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。

降神(こうしん)

祭壇に建てた神蘺に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。

献餞(けんせん)

神に祭壇のお供え物を食していただく儀式。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

その土地に建物を建てることを神に告げ、以降の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。

清祓・散供(きよはらい・さんく)

その土地に建物を建てることを神に告げ、米、塩、切麻をまく。

地鎮(じちん)

忌鎌(いみかま)を使った草刈初(くさかりそめ)、忌鍬(いみくわ)を使った穿初(うがちぞめ)、鎮物(しずめもの)の埋納等が行われる。(補足:忌鍬が鍬入れ、忌鋤が穿初め)

玉串拝礼(たまぐしはいれい)

神前に玉串を奉りて拝礼する。玉串とは、榊等に紙垂と木綿を付けたもの。

撤饌(てっせん)

お供え物を下げる。

昇神(しょうしん

神蘺に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。この後に閉会が行われる。

このように粛々と行われる地鎮祭。一般的に地鎮祭は、【 大安、先勝、友引 】などの吉日の午前中に行うのが良いとされています。

昔ながらのしきたりですが、必ず行わなければならない訳ではありません。

ピーアイコーポレーションでは設計打ち合わせの頃合いを見計らい、地鎮祭をとり行うか否か、ご意向の確認をします。地鎮祭を行う場合、とくにご指定の神社がなければこちらで神社をご紹介し、段取りさせて頂いています。

地鎮祭にまつわる祭壇等、お供え物はこちらで準備します。お施主様には初穂料(玉串料)のみご準備いただいています。

写真は順番に

①祭壇の様子(注連縄で囲われた神籬には神餞、初穂料、塩や米など四方祓い、鎮物、玉串、地鎮の儀の道具などが揃えられています)

③ご主人様が忌鍬をつかった鍬入れの儀の様子(砂山に鍬を入れエイ×3と声かけ)

②施工担当が鋤をつかった穿初めの儀の様子(砂山に鍬を入れエイ×3と声かけ)

④営業担当の玉串拝礼の様子(榊を祭壇に納める)

・・地鎮祭が行われた日は大安◎◎。

ピーアイでは工事担当、設計担当、営業担当がお立合いしました。

この日は雲ひとつない晴天。朝は冷え込み一際厳しい寒さのなかでのとり行いとなりました。この日の青空のように、工事もとどこおりなく順調にすすむこと、みんなでご祈祷しました😊。