みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。
私たちが建てる住まいの性能についてご紹介しているこのコーナー。
今回は、前回に引き続き「揺れに強い家」というテーマでお話させていただきます。

☆ ★ ☆ ★ ☆

ピーアイコーポレーションの建てる家の「強さ」のポイント、
それが、優れた構造強度と高い耐久性を実現する木造用耐力壁」です。

木造住宅は柱が太いからといって耐震性が高いわけではありません。
木造住宅は真上からの重さには柱で支えることができますが、横からの力=水平荷重には弱く、その荷重の代表的なものが地震の横揺れや台風などの強い横風。
これらに抵抗するために設置するのが「耐力壁」です。
この耐力壁は、あらゆる方向に力が分散し一部に負担がかかりにくく、
大量の釘が抵抗するため、大きな力がかかっても粘り強いという特長があります。

 

また、耐力壁で住まいを囲うことによって、すき間が少なく、外気を遮断できる
気密性能という点からも、高性能な住まいが実現します。