みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。
私たちが建てる住まいの性能についてご紹介しているこのコーナー。
前回は断熱材についてお話させていただきましたが、
今回は、冷暖房効率に大きく影響するもうひとつのポイント」についてお話させていただきます。

☆ ★ ☆ ★ ☆

部屋の温度差をつくる原因の一つは「」。
壁や床にどんなに優れた断熱材をしようしても、
窓の仕様ひとつで住まいの冷暖房効率は大きく変わってしまいます
ピーアイコーポレーションの住まいは、二重ガラスの樹脂性フレームの窓を採用。
室内の温度を外へ逃がさず、結露も防ぎます。

この樹脂窓の特長は、樹脂+Low-E複層ガラスを組み合わせた高い断熱性能。
複層ガラスの間には、空気よりも熱伝導率が低いアルゴンガスを充填しています。
この構造により、室内と窓との温度差が少なくなることで、冬も夏も快適で、しかも省エネにも役立ちます。

ガラスもフレームも冷たくならないこの樹脂窓が、
過ごしやすい快適な室内環境を実現します。