みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

家を建てる際、「どれだけ地震に強いか」はとても気になるポイントですよね。
住まいの購入を考えていると、「耐震」とか「免震」「制震」という言葉は良く耳にされるかと思います。
この言葉、それぞれどのような意味なのでしょうか?

 

ざっくりとこの3つの違いをご説明すると、
まず「耐震」は、家を堅く強く造って、地震の震動に対抗すること。建物の強度についての基準です。
次に「免震」は、建物と地面の間に鉄球や積層ゴム製の免震装置を設置して、建物を地面から絶縁することで振動を伝えないようにすること。
そして「制震」は、建物内部に制震ダンパーを設置して、地震のエネルギーを吸収し振動を抑えること、をそれぞれ意味しています。

 

そしてこの中で、建築基準法で義務付けられているのが「耐震」
つまり建物を新築する際には、一定の耐震性能を「必ず確保」しなくてはなりません。
「耐震等級1」は「数百年に1度発生する地震に対して倒壊・崩壊しない強度」で、すべての新築住宅が耐震等級1以上の性能を確保することが義務付けられているのです。

それに対して「免震」や「制震」には法的な強制力がありません。
ですから、「耐震性能を確保」したうえで検討するということになります。

 

ピーアイコーポレーションでは、「耐震」と「制震」のための3つの工法を採用し、皆さまの住宅や土地に合った性能をご提供しています。

>木造軸組パネル工法(耐震)
>ピン工法(耐震)
>制震ダンパー(制震)

そして、ピーアイコーポレーションではすべての住宅において構造計算を実施。耐震等級の最高ランクである「耐震等級3」=建築基準法の1.5倍の強度の耐震設計を行っています。

住宅はアート作品ではなく、命を守る大切な箱。
私たちはそのことを肝に銘じて、「カッコ良くて丈夫」な住まいをご提案しています。

 

ピーアイコーポレーションの「地震に強い家」の詳細は下記にてご確認ください♪
https://pi-co.jp/custom/