みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

マイホームを検討中の方の参考になるように、
住まいづくりの基本的な知識をもっていただけるよう情報をお届けしているこのコーナー。
今回は住宅の「工法」についてお話したいと思います。

 

技術的な話は難しいと思われるとは思いますが、
工法は住まいの性能と密接に関わってきますので、基本的なことだけでも押さえておきましょう。

みなさんがよく耳にするのは「木造軸組工法」と「2×4工法」でしょうか。
この2つの違いについて説明すると、

まず「木造軸組工法」は、日本古来の工法です。
柱や梁で縦・横を支え、斜めの軸で横からの力に抵抗します。
それに対して「2×4工法」は、2×4インチの部材と合板で床・壁・天井の面をつくり、それらを六面体に組み合わせて躯体を支えます。

それぞれのメリットですが、「木造軸組工法」は自由度が高く、増改築も比較的安易ですが、工期が若干長くなることがあります。
「2×4工法」は耐震性、気密・断熱性、耐火性に優れ、工期も比較的短くできますが、
構造上間取りにある程度の制約が生じ、大規模なリフォームは難しくなります。

この他にも住宅の工法には、「プレハブ工法」「RC造り」などがあります。

 

さて、ピーアイコーポレーションの建てる家はどんな工法か。
ポイントは、優れた構造強度と高い耐久性を実現する木造用耐力壁」です。

 

木造住宅は柱が太いからといって耐震性が高いわけではありません。
木造住宅は真上からの重さには柱で支えることができますが、横からの力=水平荷重には弱く、その荷重の代表的なものが地震の横揺れや台風などの強い横風。
これらに抵抗するために設置するのが「耐力壁」です。
「木造軸組工法」をベースに、この「木造用耐力壁」を加えた構造によって
あらゆる方向に力が分散し一部に負担がかかりにくく、
大量の釘が抵抗するため、大きな力がかかっても粘り強いという特長があります。

また、耐力壁で住まいを囲うことによって、すき間が少なく、外気を遮断できる。
気密性能という点からも、高性能な住まいが実現します。

この工法によってピーアイコーポレーションは、
長年安心して住める「安心できる家」で「設計自由度も高い家」を実現しています。