夫婦共働きがふつうになっている現在。
ローンはどうやって組んだらいいんだろう、と思われる方も多いと思います。
今回は、夫婦でのローンの組み方についてお話させていただきます。

おおまかに言って、夫婦でのローンの組み方は3つのパターンがあります。

 

連帯保証
夫婦の年収を合算することで借入限度額を増やせますが、借りるのはどちらか一人。配偶者は連帯保証人となって、主債務者が返済できなくなった場合の返済義務を負うことになります。
民間ローンで収入合算を選ぶと、多くはこの連帯保証となります。
住宅ローン控除は一人分です。

連帯債務
夫婦の収入を合算することで、借入限度額を増やすことができます。どちらか一人が主債務者で、その配偶者が連帯債務者となり、返済債務は平等に負います。
ただし、連帯債務を選べるのは一部の金融機関に限られます。住宅ローン控除は夫婦で受けられます。

ペアローン
夫婦で別々にローンを借りる「ペアローン」というものもあります。このローンは、それぞれが返済債務を負います。
事務手数料は増えますが、2種類のローンを利用できるということになり、夫婦それぞれが団体信用生命保険が適用になります。住宅ローン控除もダブルで受けられるというメリットもあります。

 

最も一般的なのは「連帯保証」のタイプですが、
ご夫婦によって状況は様々だと思います。
ベストな方法を選べるようアドバイスさせていただきますので
何でもご相談いただければと思います。