みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

マイホームは一生に一度と言っていいほどの大きな買い物。
購入される際には、多くの方が住宅ローンを利用されると思います。
そこで知っておきたいのが「住宅ローン控除」。
言葉は聞いたことがあると思いますが、実際どんな仕組みなのか。
今回はこの「住宅ローン控除」について説明させていただこうと思います。

住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度があります。
それが「住宅ローン減税制度」。かんたんにいうと、その年に納めた所得税・住民税のうち、所定の額が減税(控除)され戻ってくるというもの。毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます。また、所得税から控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。

「控除」というと、みなさんになじみがあるのは、配偶者控除や生命保険料控除ではないでしょうか。これらは、収入から控除される「所得控除」なので、課税対象となる所得が減少するというものです。よって、その所得控除の額に税率をかけた金額が減税になるという仕組みです。

一方、住宅ローン減税は、通常通り所得税を算出した後で、税額から直接差し引く「税額控除」という仕組みになっています。ですから、戻ってくる税額がわかりやすく金額も大きいため、手取り感・インパクト感があるのが特徴です。

会社勤めの方の場合、所得税や住民税は給与から「天引き」されています。
普段いくら税金を納めているかあまり意識していない方も、住宅を購入する際にはきちんと計算しておくことをおススメします。