家族が集まる場所であるリビングは吹き抜けにしたいと思う方も多いのではないでしょうか?
光がたくさん差し込む、開放的なリビングは魅力的ですよね。
けれど、「吹き抜けってデメリットはないの?」と不安に思うこともあるかもしれません。
今回は、吹き抜けリビングの魅力と弱点、そして弱点をカバーする方法を紹介していきます。
「吹き抜けリビングのある家を建てたい」と思う方はぜひご覧ください。

まずは、吹き抜けリビングの魅力。
吹き抜けリビングは、開放感があり、空間を広く見せられるというのが特徴です。
また、高い場所に窓を取り入れることで、リビングの日当たりが良くなります。
そして、吹き抜けをつくるとリビングと2階がつながるので、家族のコミュニケーションが取りやすくもなります。
もちろん、ビジュアル的に美しい空間が出来るということも大きなメリットですね。
このように吹き抜けリビングは、開放感と日当たり、デザイン、家族の気配を感じられるなど魅力がたくさんある設計なのです。

しかし一方で、デメリットを気にされる方も少なくないようです。
例えば、
吹き抜けは寒くないの?
冷暖房光熱費が上がるんじゃない?
掃除が大変そうだけど・・・
といったご質問をいただくことがよくあります。

皆さんが懸念されるように、吹き抜けのある家をつくる場合、気密性能の高さは必須です。
そうでないと、冷暖房効率の悪い家になってしまいます。
その上でさらに、吹抜けをつくる場所にも正しい設計理論があります。
単に2階の床を開口するのではなく、吹抜けを通して見える景色、吹抜けの下での生活、吹抜けを通した空間のつながりなどを考慮した上で設計することが大切です。
もちろん、高窓の掃除についてもそうですし、そもそも「汚れにくい」ことも設計上の工夫のひとつ
そういった点も含めてしっかりと考えられた吹き抜けであれば、
吹き抜けがデメリットになってしまうこともないのです。

ピーアイコーポレーションの建てる家にも、吹き抜けを採用している家がたくさんありますが、
みなさん快適に暮らしていらっしゃいます