みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。
今回は、住宅点検の様子をご案内します。

1月某日神奈川県にて、ドローンをつかったテスト点検を実施しました♪。

家族を守ってくれる大切な住まい。とくに屋根や外壁は常に雨風や寒暖差、紫外線など過酷な状況にさらされています。
屋根や高いところの外壁はふだん目に届かない場所。どんな状況になっているかは、なかなか見ることは出来ませんね
屋根材自体の寿命は20年を超えるものがほとんどですが、台風や突風、飛来落下物などの不測な事態による屋根材のヒビやはがれ、また日当たりや風通しの悪いところで発生するコケ・堆積物などを放置しておくと、徐々に屋根の中に浸食して、気づいた時には大掛かりな工事が必要になった、というケースもまれにあります。
お住まいの寿命を長くするためには、屋根の健康状態を把握しておくのはとても大切なことです。

ピーアイコーポレーションではこれまで、屋根や高所の外壁の状態を把握するためには、バルコニーからの撮影などで点検を行っておりました。バルコニーが建物全周にあるわけではないので、点検作業において作業員の危険も伴い、経験による高い技術が必要でした。撮影した画像の解析にも手間と時間がかかり、ご報告までにもお時間を頂いておりました。

大切なお住まいの健康状態をより正確に把握するため、このたびピーアイコーポレーションでは屋根外壁等の高所点検に、ドローン点検を導入する運びとなりました。
この日は快晴点検日和☀。ドローンの飛来時間は10分程度。10分でたくさんの写真撮影が出来ました。

こちらはドローンで撮影した実際の写真ですが、このように鮮明な写真撮影が可能となりました。
そして撮影した写真はその場でお客様と一緒に確認することが出来るようになりました。
部分的な写真を繋げ全体を把握していた今までとは違い、屋根全体の写真が撮影可能なため、屋根板金の全体像、雨樋の状態なども一目で把握出来、撮影後の診断の効率もアップしました。

ドローン点検の主なメリットは3つ。

点検時間の短縮⇒1回の点検は約15分~程度。従来は45分から1時間程度
事故の心配が少ない屋根に上らないため、屋根の破損や点検作業員の転落の心配がない
結果をその場で確認⇒ドローンから送られてくる高画質な画像がすぐその場で確認できる。

 

ドローンの飛行点検の動画はインスタにて(^^♪

インスタへ