前回こちらのコーナーで、床の断熱材についてお話させていただきました。

省エネと快適な室温を保つために、断熱材はとても重要。
ピーアイコーポレーションでは床だけでなく、屋根、壁などのすべてに高性能な断熱材を使用しています。
今回は、注文住宅で採用している住宅用断熱材「アクアフォーム」についてご紹介させていただきます。

アクアフォームは、温室効果の大きいフロンガスを使わず、水を使って現場で発泡させる断熱材。
ちょっと専門的な説明になりますが、水を含むポリオールとイソシアネートを混合することで発生する炭酸ガスを発泡剤として使用する、人と地球に優しい硬質ウレタンフォーム素材です。

その特徴を簡単にまとめると・・・

◎高い断熱性
アクアフォームは無数の超微細気泡の中に多量の空気を含んでいるため、優れた断熱性能を発揮します。

◎高い気密性
断熱性能の高さはもちろん、発泡することにより現場の形状にぴったりと密着するため、 気密性が高く末永く断熱性能を維持します。

◎高い吸音性
柔軟性に富んだアクアフォームは連続気泡構造で、一般的な独立気泡構造と比較し、 吸音性に優れています。

◎家計にやさしい
冷暖房の効率をあげ、高効率の設備を利用することで光熱費の大幅な節約につなげることができます。

◎健康的
シックハウスの原因となる素材がゼロ。揮発性有機化合物(VOC)を含む特定建材には指定されていません。

◎地球にもやさしい
フロンガスを使わない、地球にやさしい断熱材です。余計な冷暖房エネルギーを削減でき、CO2の大幅削減にもつながります。

一つ一つの素材を十分に吟味し、あらゆる面で快適な住まいづくりを追求する。
それがピーアイコーポレーションのスタンスです。