みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

前回このコーナーで、住まいのプランニングについてお話いたしました。
その住まいの中でもキッチンは、日々の暮らし方に大きく影響する空間。
食を通じて人と人が繋がる重要な場所ですから、「収納をふやしたい」、「静音型にしたい」、「対面式にしたい」など、様々な要望をもたれる方が多いのではないでしょうか。

最近は様々なキッチンが登場していますが、生活スタイルに合わせて検討するためにも、
まずは基本的なキッチンのタイプについて知っておきましょう

 

 

まず大きく、「対面式かそうでないか」で2つに分かれます。

対面式でないスタイルの場合、キッチンが壁に面して並んでいるタイプか、壁で仕切られた独立型かがあります。
キッチンだけで独立したスペースになっている「独立型キッチン」は、仕切られた別の空間なので調理の煙やニオイがリビングに来ないことがメリット。お客様が来ても片づけなどに気を遣わなくていいのもプライベートスペースならでは。お料理に専念したいという本格派におすすめのスタイルです。

対面式の場合は、さらに「オープン」か「セミオープン」かに分かれます
「オープンキッチン」は、キッチンが壁で仕切られているのではなく、ダイニングやリビングとつながっている形式。空間が広く感じられ、開放的な印象を与えるメリットがあります。
「セミオープンキッチン」は、クローズとオープンの中間の形式。吊戸棚などで少し目隠しされているタイプです。

 

 

さて、オープンキッチンの中でも最近人気のスタイル「アイランドキッチン」と「ペニンシュラキッチン」についてもご紹介したいと思います。

アイランドキッチン
キッチンの端がどれも壁に接していない、完全に独立したキッチン「アイランドキッチン」に憧れる方も多いのではないでしょうか。
キッチンの周りを取り囲んで料理や食事ができるので、ホームパーティをする人や家族で料理をする人にもオススメ。回遊性の高いアイランドキッチンは両側に空間が必要なため、ある程度の広さがないと、リビングなど他の空間が狭くなってしまうので要注意です。

ペニンシュラキッチン
アイランドが「島」なら、ペニンシュラは「半島」です。キッチンの左右どちらかが壁に面した対面キッチンを「ペニンシュラキッチン」と呼びます。リビングを見渡しながらお料理できるので、子育て中のママに人気のスタイル。アイランドキッチンよりも場所を取らず、お手入れもしやすくて実用的です。
ペニンシュラでも、工夫次第でアイランドキッチンのような開放感と回遊性が得られます。

様々なスタイルがあるキッチンですが、一概に「これがいい!」というものではありません。
対面式か否かをとっても、それぞれメリット・デメリットがありますから、どんな暮らし方がしたいかが何よりも大切です。
またピーアイコーポレーションでは、それぞれの「いいとこ取り」や「2つのスタイルの中間」など、工夫を凝らして住まう方にぴったりのキッチンをご提案しています。