住まいづくりをお考えの皆さんのプランの参考になるように、
こちらのコーナーでも様々なアイテムをご紹介していきます。
今回は「リビングイン階段」についてお話させていただきます。

リビングイン階段とは、その名前の通り「リビング内に設けられた階段」のこと。
2階に上がる階段をリビング内に設置することで、様々なメリットがあります。

ひとつは、家族のコミュニケーションがスムーズになる、ということがあげられます。
通常、1階にはリビング・ダイニングをはじめとした共同の生活空間を、2階には寝室や子ども部屋といった居室をつくることが一般的ですよね。
リビングイン階段だと、居室に上がるにも外へ出るにも一度はリビングを通るので、家族の動向を把握しやすく、また、顔を合わせる頻度が高くなることでコミュニケーションの機会増にもつながります。
お子さんがいるご家庭なら特に、さりげなく様子を観察することができ、声掛けしやすい間取りと言えるでしょう。

先日こちらのコーナーでご紹介したこのプランも、
ダイニングスペースとリビングスペースの間に階段を配置したもの。
参考にしてみてください。

 

また、階段をリビング内に設けることで独特な部屋づくりを楽しむことが出来るのもメリット。
さらに、リビング階段と吹抜けを併せて採用することで、敷地面積が狭い場合でも開放感や採光を増やせますし、スタイリッシュな空間を演出することも可能です。
階段下を収納スペースにすればリビングの収納を増やすこともできますね。

一方で、リビングが上階とつながる構造となっているために、
通常よりも上に広い空間を抱えることになり、冷暖房効率に影響が出てしまうことがあります。
また、同様の理由で2階の居室に入ってもリビングの音が伝わりやすくなってしまいます。
リビング階段を採用する際には、適切なプランしっかりした機密性能が大切ですので、
プロの意見も聞いて快適な空間づくりを実現させてください。

下記では、ピーアイコーポレーションの様々な施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/