地震の多い国、日本。一生安心して暮らせる住宅を建てるために、耐震性の大切さは誰もが実感していると思います。
そこで今回は、当社の作る住まいを支える「制震ダンパー」についてお話させていただきます。

まず、そもそも「制震」とは何でしょうか?
家を建てる時に「耐震性能」という言葉がよく使われますが、この「耐震」とは、家を堅く強く造って、地震の震動に対抗すること。建物の強度についての基準です。
「耐震性能」は建築基準法で義務付けられていて、 建物を新築する際には、一定の耐震性能を「必ず確保」しなくてはなりません。

そして「制震」は、建物内部に制震ダンパーを設置して、地震のエネルギーを吸収し振動を抑えることを意味しています。
「制震」には法的な強制力がありませんが、「耐震性能を確保」した上で「プラスアルファ」の性能として採用するものです。

では、なぜ「制震」が効果的なのか。
地震等の揺れのエネルギーは建物の弱い個所へ集中しますが、これにより内装材・外壁のクラック(亀裂)や屋根瓦のずれ等の建物被害が起こります。また、現在の木造住宅は耐震性に優れた非常に固い建物になっています。つまり「固い=エネルギーが伝わりやすい」ということになるため、地震の際にタンスなどの家具が転倒する2次災害を起こす原因にもなります。
それを抑えるのが「制震システム」なのです。

当社が注文住宅で採用している制振装置は「MERSYSTEM」です。
建物に伝わる地震エネルギーを吸収し、建物への負担を軽減するシステムです。
その特徴を簡単に挙げてみましょう。

◎揺れを約40〜48%吸収
揺れ始めから瞬時に効果を発揮するシングルチューブ構造を採用したオイルダンパーのMERSYSTEMは、建物に伝わる地震のエネルギー(加速度)を最大40∼48%吸収することができるため、建物の変位と揺れを早く抑えることができます。

◎繰り返される余震にも最大限の効果を発揮
建物は大きな地震や繰り返し発生する余震により、釘やビス 接合部分の緩み等で耐震性が低下します。MERSYSTEMの制震ダンパーを設置することで、建物への負担を軽減することで耐震性を維持させ、大きな揺れから何度も繰り返される余震に対しても最大限の効果を発揮します。

◎台風や強風など風の揺れからも守る
⽇本は毎年20回以上台⾵が上陸しています。台⾵によって何度も繰り返される揺れで、家はダメージを蓄積し、新築時の耐震性が低下していきます。MERSYSTEMは、地震はもちろん、知らず知らずに受けている台⾵の揺れによるダメージからも⼤切な住まいを守ります。

建物を揺れの被害から守り安全・安心を手にいれることは、
そこに住まう人の命はもちろん、大切な財産を守ることにもなります。

メーカーのホームページでは、制震装置をわかりやすく動画で解説していますので
ぜひそちらも参考にご覧ください。
https://www.seishin-system.com/