住宅を購入されたり、建てたりする際、ほとんどの方が「住宅ローン」を利用されますよね?
その際、よく「団体信用保険」(略して「ダンシン」などと呼ばれたりします)というものが登場しますので、
今回はこれを簡単にご説明しましょう

住宅ローンを利用する際は、この「団体信用生命保険」の加入が条件とされていることがほとんどです。
これは、ローン返済途中で住宅ローン債務者が亡くなった場合や、所定の高度障害等になった場合に、保険金によって住宅ローンを返済する生命保険のことです。
つまり団信に加入していれば、住宅ローンの債務者に「もしも」のことがあった場合でも、残されたご家族に住宅ローンのない家を残すことができるわけです。

もちろんそんなことは考えたくないですが、返済リスクを抑えるために必要な保険
ローン返済は長い道のりですから、家族のために必要不可欠なものですよね。

さて、ここで注意点としては、
健康上の理由で団信に入れず、民間金融機関のローンを利用できない場合があるということ。

そういったこともあり得るので、
ローンの利用を決めたら早めに手続きをすることがスムーズな住宅購入のポイントです。