さまざまなご要望に対応した注文住宅を手がけているピーアイコーポレーション。
中でも「二世帯住宅」は、プランニング力が問われるまさに「腕の見せどころ」ともいえる仕事。
今回はそんな「二世帯住宅」のお話をしたいと思います。

ひとくちに二世帯住宅といっても、ご家族のライフスタイル生活時間親と子の考え方の違いなどにより理想となるプランは変わってきます。
玄関や水まわり、リビングやキッチン、ダイニングをはじめとする主要なスペースをどこまで共有し、どこまで独立したものとするか。あるいは生活音の遮断や回避をどこまで徹底するか。

基本的なパターンだけでも、下の図のようにさまざまです。

共有リビングタイプ(A)
しっかりとそれぞれのプライベートを分けられるスペースを持ちながら、キッチン、リビングなど一部を共有するタイプ
共有する部分が多い方が費用を抑えられるというメリットはありますが、水回りなど、何を共有して何を分けるのか、遠慮をせずに納得いくようすり合わせることがポイントです。

上下同居タイプ(B)
親世帯を1階、子供世帯を2階として、上下で住み分けるタイプ。それぞれが平屋感覚で、居住スペースをゆったりと設けることができます。
注意すべきポイントは、上下階で音への配慮が必要になること。それぞれの生活のリズムや動線を考えて居室を配置したプランのご提案のほか、床材の選定や遮音材などによる音の軽減のご提案をしています。

左右同居タイプ(C)
隣り合わせで暮らし、プライバシーを大切にするタイプ。それぞれに1階2階があることから、住まいに戸建て感覚が生まれ、また採光や通風などの条件を平等にクリアできます。
ポイントとしては、左右の分け方のバランスへの配慮が必要になること。住まわれる世帯で必要と考える居住面積をお聞きした上でプランニングします。それぞれの1階・2階のバランスを考慮したご提案をしています。

敷地分割同居タイプ(D)
敷地を分割するように、玄関も分かれた2つの家がくっついているようなカタチで、お隣さん感覚で住み分けるタイプ。お互いにプライバシーが守られ、気兼ねなく生活しながら、変化する将来の状況への対応のしやすさがあります。

 

ライフスタイルや価値観の違う親世代と子世代が、お互いの暮らしを尊重しながら快適に暮らしていくために、ピーアイコーポレーションではライフスタイルや家族構成、敷地条件といった諸条件と照らし合わせ、自然なコミュニケーションを育みながら、お互いの暮らしを尊重することができる、さまざまな同居スタイルを提案いたします。