前回、リビングイン階段のお話をさせていただきました。
吹き抜けとの組み合わせなどで、開放的な空間が生まれる素敵なアイテムでしたね。

今回は、そんな吹き抜け空間などでよくみられるようになった「シーリングファン」のお話。
天井でくるくる回っているおしゃれなプロペラをご覧になられたこともあるかと思います。

このシーリングファン、おしゃれなインテリアとしてのイメージが強いですが、
実は家の空気の流れを変えてくれる機能性の高いアイテムです。

シーリングファンが特に効果を発揮するのは、吹き抜けのあるような天井の高い家です。
天井までの高さがある場合、エアコンをつけるだけでは、どうしても暖かい空気は上へと溜まってしまいます。シーリングファンをつけると、部屋の上と下の空気をかき混ぜて部屋の温度を均一にしてくれます。その結果、空気の層が分かれることなく部屋全体を均等に温度調整することができ冷暖房効率も向上電気代節約にも繋がります。。

また、シーリングファンの下で洗濯物を干すと、普通の部屋干しに比べて乾くのが早いという効果もあります。生乾きの臭いもつかない場合が多いようです。特に梅雨の時期は、外で洗濯物を干すことができず困ることが多いもの。そんな時にもシーリングファンは大活躍してくれます。

もちろん、おしゃれなインテリアアイテムとしても魅力。
シーリングファンと言えば、カフェやホテル、リゾートなどを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?シーリングファンには、形や色、大きさ、照明付きなど色々な種類があります。インテリア性の高さから、空気をかき混ぜるという本来の目的とは別にシーリングファンを取り入れる方も増えています。

デザイン的な魅力と合わせ、様々なメリットのあるシーリングファン。
その効果は、吹き抜けの家だけでなくどんなお住まいでも期待できます。
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

下記では、ピーアイコーポレーションの様々な施工事例もご紹介しています。
こちらも是非チェックしてみてください♪
https://pi-co.jp/works/