みなさんこんにちは、ピーアイコーポレーションです。

前回こちらのコーナーで、土地探しプランニングは同時進行で、というお話をさせていただきました。
では、プランニングについてはどのように進めていけば良いのでしょうか?

プランニングはまず、ご家族全員で理想の生活スタイル、マイホーム像について話し合いながら、「こんな家に住みたい」「こんな暮らしがしたい」というように、自分たちのライフタイルに合った住まいのイメージをご家族で共有することが重要です。

住まいの広さや間取りを考える上で大切なのが、ご家族の生活スタイル。
まず、現在の生活スタイルとその改善点を考え、さらに10年後、20年後という長期的な視野で考える。
お子さまの成長や家族構成の変化など、将来像も想定してみてください。

現在> 一番長く過ごす部屋はどこか、来客はあるか、ペットはいるか、家族の趣味は? 不都合に感じていることは?
将来> お子さまの成長・独立、ご夫婦それぞれの個室、二世帯住宅、バリアフリーの必要性など。

とにかく思いついたことはすべて書き出しておくとよいでしょう。
専用のノートをつくることをおすすめします。

そうして書き出した項目に、こだわりの優先順位を整理して、住まいづくりで何を優先するのかをピックアップ、リスト化します。
お子さまがいらっしゃるのなら、成長に応じてフレキシブルに変更できる間取り構成、ご高齢のご家族がいらっしゃるのであれば、安全を考慮した設備、お客さまを招く機会の多いご家庭なら、広いリビングや開放的なキッチンというように、日々の生活スタイルや将来の変化も見据えながら、優先項目を書き出します。
このリスト化の作業自体が、いわば住まいづくりのプランニングにつながるのです。

>必要な部屋数、部屋の大きさ、収納量
>家事動線、明るさ、風通し
>色づかいやデザイン
>絶対に必要な設備機器
>あったらよいなと思う設備機器
>建物に対するこだわり。耐震性能、断熱性能、省エネ、施工力、アフターメンテナンス
>カーポート、駐輪スペース

そうはいっても、最初は自分の好みなども明確でなく、どうプランニングしていったらいいかわからない方も多いでしょう。

そんな時、まずはご友人や知り合いの方の住まいを見学させてもらったり、気になるモデルハウスなどを見てまわり、理想の住まいをイメージするのもいいと思います。
数多くの住宅を見ることで、自分自身の住まいに対する具体的な好みやこだわり、優先順位が整理できます。いろいろな家を見るのは、けっこう楽しいものです。

そうして描いたたくさんの思いを、「できないかもしれない…」という点があったとしても諦めてしまうのではなく、まずはご要望をすべて、私たちにぶつけてみてください。

お客さまからお聞きしたご要望をもとに、プロがその思いを実現する具体的なプランとして作成
複数のラフプランを社内で検証しながら、家具などの配置も含めて設計図面に落とし込み、お客さまのご要望を満たした最適のプランにまとめます。
さらにお客さまにわかりやすい図面を作成してご提案いたします。

多くの方にとって、おそらく一生に一度の住まいづくり。
後悔のないよう、どんなご要望でも私たちにご相談いただければと思います!